FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2007年07月の記事

さっちゃんといっしょ



今日は夕方所用があって少し出かけたほかは
ずっとうちで過ごしました。

夕べは雷も鳴るほどの大雨になりましたが、
今日は朝方を除いていい天気になりました。
一雨降ってからようやく「雨乞い」に取り掛かった次第です。

部屋がきれいになったせいか、
久しぶりにゆっくりと読書をしたい気分になりました。
図書館で借りていた本を読み終えることができたのも
部屋でくつろげるようになったからだと思います。

片付けているうちに買ったままでまだ読んでいない本が出てきました。
次の休日まで部屋を荒らさないようにして
そのとき存分に読書したいと思っています。

やはり掃除の住んだ部屋は居心地がいいのでしょうか?
本当に久しぶりにさっちゃんが私のところへやってきました。
「うらめしや~」のポーズをしたり、
大の字になったりしてリラックスする姿を見ていると
私自身も心身ともにリラックスできます。

実に珍しいことなのですが、
さっちゃんが自分から私の膝に乗ってきました。
撫でてやると首をもたげて「もっと撫でろ」と催促します。

リラックスしたさっちゃんの姿を写真にとりたかったのですが、
すぐ動いてしまうので上手く撮影できませんでした。
そのため顔のドアップ写真を一枚だけ撮りました。

今日の写真は、だんだん「かわいいさっちゃん」から
「迫力満点のさつきお姐さん」への道を歩んでいることを
如実に表した一枚になった感じがします。
スポンサーサイト



の画家ウォーターハウスとかを(BlogPet)

ドイツ・
ロマン主義の作家モット男爵が1872

本日は世紀と魅力などを登場しなかったの?
多くはドイツ・
ロマン主義の作家モット男爵が1872

本日は雨乞い企画第二弾として
「水の女」
の画家ウォーターハウスとかを
すべてはドイツ・
ロマン主義などを企画第二弾として
「水の女」
ウンディーネは騎士フルトブラントと結婚しなかったよ
ドイツで人間とか、世紀末に好まれた「死」
を主題とした小説です

ウンディーネの白い胸元は彼女の官能的魅力をモットしなかったの?
と、千露が言ってたよ♪


*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。