FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2007年08月の記事

最近のサイト運営

最近はHPに新たなコンテンツを加えることをほとんどしていません。
たまにしてもたいていはブログの再録となっています。

記事内容のイメージに合わせたレイアウトを考えることは
ブログではできないことなので、本当に楽しいのですが、
一時期と比べるとペースダウンしています。

しかし、まだ未完成のコンテンツも色々とあるので、
今後マイペースで進めていけたらと思っています。

ニンフェットたちの肖像

ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。
ウラジミール・ナボコフ『ロリータ』より



Tomas Cooper Gotch "Alleluia"


以前lapis様のところで美少女展という素晴らしい企画が行われていました。
私もいずれ少女像の特集をやってみたいと思っていたのですが、
ようやくそれが実現しました。

現在ウラジミール・ナボコフ『ロリータ』を読書中なのですが、
そこに登場するのが「ニンフェット」と呼ばれる少女です。
「ニンフェット」の定義は
9歳から14歳までの範囲で、その2倍から何倍も年上の魅せられた旅人に対してのみ、人間ではなくニンフの(すなわち悪魔の)本性を表すような乙女
とされています。

ここでは旅人千露が泰西名画の世界で見出した
愛しきニンフェットたちをご紹介します。

  
「美少女の肖像」といえばまず登場するのがルノワール描く少女たちでしょう。
左はまさに「令嬢」と呼ぶにふさわしい少女、
中央は現在来日中の親しみやすさと気品を兼ね備えた少女、
右の少女は愛らしさの中に危うさが漂っているように感じます。

  
上の3点は18世紀フランスの画家グルーズによる少女像です。
彼女たちが戯れている鳩や子羊は「無垢」「純真」を象徴するものです。

 
ブグローは美しい聖母や天使を数多く描いていますが、
貧しい身なりの少女であっても輝くような存在に描き出しています。


ブグロー夫人も優れた画家であり、このような可憐な少女像を残しています。

  
世紀末ベルギーで夢幻の世界を描き続けたクノップフは優れた肖像画家でもあります。
いずれも現実世界の少女を描いた肖像ですが、
どこか夢の世界の住人であるようにも見えます。

 
左はソフィー・アンダーソン
右はマリー・スパルタリ・スティルマンの作品です。
うねるような髪や物憂げな眼差しは
ラファエル前派の画家たちが愛した「スタナー」(美女)の片鱗を感じさせます。

 
王女マルガリータは私が最初に心惹かれた泰西名画の一つです。
右はベラスケスの影響多大なミレイの作品です。

 
リラの花と少女の組み合わせの美しさをただただ愛でるだけの2作品です。

 
ウォーターハウスは「妙齢の乙女」を巧みに描く画家ですが
数少ない「少女」像も大変魅力的です。

 
ヴィンターハルターはヨーロッパ各地の王侯貴族を描いた肖像画家です。
この2点はベルギーの王女を描いた作品です。
右のほうは王女にふさわしく「小さな貴婦人」として描かれていますが、
左のほうは美しさだけではなく危うさを放つ「ニンフェット」としての魅力を感じます。


冒頭でご紹介した作品『Alleluia』を描いたT.C.ゴッチの作品です。
子供と大人の狭間でのみ醸し出される魅力を感じます。


クリムトといえば妖艶な大人の女性像が有名ですが、
この作品では少女のもつ危うい美が描き出されています。

これら愛らしくも危ういニンフェットたちも
やがては妖精の羽を失い、人間世界に下りてくることとなります。
数々の名画に登場する「美女」もかつてはニンフェットだったのかもしれません。

以前少年コレクションと題して絵画に登場する少年を特集したのですが、
少年美と男性美は全く異なるものであるのに対し、
少女の持つ美と女性美は共通するものであるように感じます。
しかし、少女が「少女」である間だけ持つ独自の魅力というものも
これらの作品を見ていて感じることができました。

きょうさつ(BlogPet)

きょうさつきが千露は実感しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

今日は七夕

私の住む街では月遅れの8月7日に七夕を行います。
7月7日だとちょうど梅雨時になってしまい、
なかなか星も見えないのですが、
8月であればたいていよい天気で
美しい夜空を見上げることができます。

今日は星に関する絵画をご紹介しようと思ったのですが、
色々と資料を探っているうちに時間切れとなってしまいました。

星に関する作品で私の一番好きな作品を掲げておきます。

E.R.Hughes "Night with her Train of Stars"


金さんのおもちゃ

やんちゃな暴れゴマ金さんには大好きなおもちゃがあります。



私はそのおもちゃで遊ぶところを目撃していないのですが、
母の話によると、
まさか猫がそのようなもので遊ぶとは思えないようなものです。



金さんの好きな「おもちゃ」それは
ハンプティ・ダンプティすなわちです。

スーパーで買ってきたネット入りの卵をおもちゃにして遊んでいたので、
最初はネットが気に入って遊んでいるのかと思いきや、
どうやら卵そのものに興味があったようで、
パック入りの卵にじゃれ付いて、卵を割ってしまいました。
そして白身をチューチュー吸っていたそうです。

私は約20年猫とともに生活していますが、
このように卵に大いなる関心を示す猫は初めてです。

命がけの旅

台風シーズンになると思い出すのが、
十年近く前に友人と行った宮崎県高千穂峡のことです。

この時は友人とは別府で待ち合わせたのですが、
目的地が近づくに連れて気分が悪くなり、
高千穂峡をボートで遊覧するのはとても楽しかったのですが、
なぜか体がだるくて仕方がなく、
予定を早めて宿に入りました。

夜は高千穂神社に夜神楽を見に行きました。
この時は昼間と比べるとずいぶん気分はよくなっていたので、
約一時間の神楽を楽しむことが出来ました。

翌日は大嵐で、列車は運休となっており、
朝8時発の延岡行きのバスに乗り込みました。
延岡から上り特急列車に乗ったのですが、
台風のためしばしば停車し、
また停電のため冷房もきかなくなってしまいました。

本来私は臼杵からフェリーで四国へ戻る予定だったのですが、
台風でフェリーは欠航していたため、
小倉から岡山を経由して四国へ渡ることを選びました。
新幹線もものすごい混雑で、その上徐行運転でした。

岡山からは快速マリンライナーで四国へ渡り、
ようやく松山行きの特急に乗り込むことができ、
やっと地元まで買えることができました。
家に着いたのは日付が変わった午前1時でした。
実に17時間かけて家にたどりついたのです。

これは私がこれまで経験した旅行の中で最も過酷な旅でした。

甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展

 甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展

今回の展覧会は「日本におけるイタリア2007・春」の一連の文化行事として開催されたもので、
国内でペルジーノを本格的に紹介する展覧会は初めてとのことです。
すでに東京では会期が終了していますが、
西日本ではふくやま美術館での開催が唯一のものです。

ペルジーノはピエロ・デラ・フランチェスカ以来
ウンブリア派伝統の確かな空間構成を受け継ぎながらも、
聖母や天使の姿に見られる甘美な様式を確立し、
それはラファエロに継承され、ヨーロッパ中に広まっていきました。

展示はペルジーノ以前のペルージャの画家の作品数点と、
ラファエロやピントリッキオ周辺の画家による作品数点を除くと
ほとんどがペルジーノもしくはその工房による作品で構成されていました。

印象に残った作品をいくつか紹介していきます。

サンテ・ディ・アポロニオ・デル・チェランドロ
『聖セバスティアヌス』

ペルジーノよりも少し以前にペルージャで活躍した画家の作品です。
矢を射掛けられて殉教した聖セバスティアヌスは
矢傷がその病痕と似ていることから
中世に猛威を振るったペストから守護してくれる聖人として崇められました。
この作品は色彩や硬質なタッチがマンテーニャによる同題材の作品とよく似ています。
しかし聖人の甘さを宿した表情は、
後にペルジーノが描くセバスティアヌスに連なっているようです。

ペルジーノ
『ピエタのキリスト』

もとはペルージャの政庁舎プリオーリ宮殿内の礼拝堂に掲げられていた
祭壇画の一部です。
18世紀末ナポレオン軍によって
聖母子と守護聖人たちを描いた中央祭壇画がフランスに運ばれ、
後にイタリアに返還されますが、
ヴァティカン宮殿に納められ、現在もヴァティカン絵画館に所蔵されています。
中央パネルは19世紀の画家による模写が納められていますが、
ペルジーノのオリジナルであるキリスト像の繊細な描写と比較すると
模写のほうは柔らかさに欠けるように感じられます。

ペルジーノ
『慰めの聖母』

ペルジーノの確実な真筆の一つとされる作品です。
保存状態が非常によく、鮮やかな色彩を今なお保っています。
優美な聖母子は背後で礼拝する鞭打ち苦行者たちにとって
まさに「慰め」を与えてくれる存在だったのでしょう。
天上から聖母子を礼拝する二人の天使に
私はどこか東洋の「飛天」の面影を感じ取りました。

ラファエロ周辺の画家
『書物の聖母』

初期のラファエロの聖母の顔立ちは、ペルジーノの描く聖母とよく似ています。
この作品はラファエロの下絵をもとに、
ペルージャでラファエロの同輩であった画家が完成させたものと考えられています。
伏し目がちの細い目、小作りの鼻と口元、ふっくらとした頬など
この聖母を見て私がまず連想したのが能面「小面」です。
西洋の甘美と東洋の幽玄は相通じるところがあるのでしょうか?

ペルジーノ周辺
『ウェヌスとクピド』

今回展示されている作品のほとんどはキリスト教絵画ですが、
この素描は非常に優美な異教の女神像です。
流れるような線描に、宗教画では見られない美を感じ取りました。

ペルジーノ
『少年の肖像』



今回展示されている作品としては唯一の肖像画であり、
ある意味異質な作品です。
ペルジーノが描く聖母子や天使、聖人たちは
とても優美で細やかな表現がなされているのですが、
この少年のようにリアリティを持った存在ではありません。
まさに生身の人間として描かれた少年の姿に釘付けになってしまいました。
以前少年コレクションと題した記事をUPしましたが、
コレクションに是非加えなくてはいけない作品だと思います。

台風…

現在台風の暴風域に入っているため、大雨と大風が続いています。
四国はJRも全線が運休し、海の便・空の便も軒並み欠航です。
このようなときにはつくづく四国は島であることを痛感します。

明日は公休日ですが、家にお篭りになってしまいそうです。
先週福山に行っておいて本当によかったです。

台風でいつ停電になるか分からないので
今日はこれでネット落ちします。
7時からテレビ(ものまね)を見て、
その後は読みかけの本を読みながら、眠りにつく予定です。


花火大会 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 花火大会
「今年は花火大会に行きましたか? 行った方はどこの花火を観たか教えてください。」

花火大会ではないのですが、
地元の夏祭りの花火を見に行きました。
たくさんの屋台がでて賑やかだったのですが、
公園の木立で花火は見えにくかったです。
これなら別の場所のほうがよく見えたかもしれませんが、
祭りの熱気を感じながら見ることが出来たので、楽しかったです。


文人画の世界 明清を中心として

ふくやま美術館、広島県立歴史博物館を見た後
ふくやま書道美術館へも行きました。
ふくやま美術館で無料招待券をもらったので、
折角なのだから見ていこうと思ったのです。

ふくやま書道美術館は複合ビル「福山ロッツ」の8階にあります。
LoftやCOMME CA SHOPや書店などの入ったビルの一角の小さな美術館です。

私は文人画についての知識はほとんど無いのですが、
美しい花々や果実を描いた作品や
山紫水明の清澄さには素直に心惹かれます。

特に心に残ったのは「巌上水仙図幅」です。
崖一面に咲き誇る水仙が描かれているのですが、
水仙の花を薄青で表現しているところに
かえって白い花の清冽さを感じました。