FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2007年08月の記事

シーパレスChiro

高校生の文化祭のクラス展示で「シーパレス○○」(○○は仮名)というのをやりました。
実際の魚を展示するのではなく、工作作品等で水族館を表現したのです。
ちなみに私のいた班では鯨のしっぽ(実物大)を作りました。

以下ご紹介するのはわが家の水族たちです。
背景が「水族」と無縁のものになっていますが、
何卒ご容赦ください。

 
高松の屋島水族館からやってきたアシカです。
うちにいる中では一番の古株です。


ラッコブームの頃に誕生日プレゼントでもらったラッコです。
毛の質感が本物を思わせます。
チャームポイントは組んだ足です。

 
10数年前に海遊館からやってきたペンギンです。
私は最近までペンギンは南極をはじめとして寒いところの鳥だと思っていました。
なのでどうして日本でも外で飼えるのか不思議だったのです。
実際には温帯に生息するペンギンも多いようですね。

 
昨年海遊館からやってきたアザラシです。
茶灰色なのですでに大人になっています。
純白の赤ちゃんアザラシはまるで動くぬいぐるみですが、
大人のアザラシもとても愛らしいしぐさを見せてくれます。

 
海遊館のスター、ジンベイザメです。
魚類の中で最大の種ですが、大変おとなしい性質の魚です。
大きな口で吸い込むようにしてオキアミなどを食べます。

 
先日うみたまごからやってきたばかりのセイウチです。
うみたまごのセイウチは腹筋が得意技ですが、
うちにいるのは腹筋はできないようです。
うみたまごでセイウチを見て、その可愛らしさに魅せられてしまいました。

水族館に行くたびに色々と買い込んでくるので、
私の部屋が水族館化してしまいます。
スポンサーサイト



熱帯夜 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 熱帯夜
「暑くて寝苦しい夜、眠れないときは何をして過ごしますか?」
そういう時は無理に眠ろうとせずに、
ただ単に横になって目をつぶっているだけにしています。
どうしても眠れない場合には、読書をします
学生時代に住んでいたアパートには有線放送がついていたのですが
その番組の中に「羊の数」というのがありました。
催眠的な音楽の流れる中、暗~い調子で
「羊が一匹、羊が二匹… …」と延々続くのです。
最後何匹まであるのかは知りません。