FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2007年09月の記事

大臣 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 大臣
「あなたが「○○大臣」になれるとしたら、何ていう大臣になりたいですか?」
現実には絶対ありえない大臣でもいいのならば 以下の大臣になってみたいです。
 
猫大臣
猫たちの福祉や生活向上に務めることを職務とする大臣

芸術大臣
全ての国民が芸術に親しむ環境づくりに務める大臣
 


さっちゃんとのスキンシップ


本日撮りたてのさっちゃんです。

窓の外から「ニャオン ニャオン」という声が聞こえてくるので、
網戸を開けると、さっちゃんがいました。

一つ屋根の下に暮らしていながら、
ここ数日ほとんどさっちゃんの姿を私は見ていませんでした。
時々父の部屋から聞こえる「さっちゃん」と呼びかける声や、
母から聞くさっちゃんの消息以外耳にすることがなかったのです。

しかしさっちゃんはなかなか部屋に入ってきません。
窓を開けっ放しにしていると、
蚊だのバッタだのヤモリだのが部屋に入ってくるので
網戸は閉めておきたいのです。
仕方ないので窓を閉めたのですが、
再び「入れてくれ 入れてくれ」と声がするので
また網戸を開け今度は力業で家の中に入れました。
おまけでバッタも入ってきました。

本当に久しぶりにさっちゃんとのスキンシップを満喫しました。

夢想




平凡な日々に倦み

この世の外に思いを馳せ

夢の世界を飛翔する

そのひと時こそが

魂の幸福

夢見ることは

人にとって

現世(うつしよ)を渡るための

糧であるのだろう


Rosarium 薔薇の品種名で20のお題 より



吸血鬼のような女

今は昔ではなく、今現在女あり。

その女昼間は家の中で惰眠を貪り、
日没とともに外出し、街を歩き回るなり。

その女の住む街は大変な鄙ゆえに
たいして夜遊興にふけるところはないようではあるが、
長い距離を歩いては書店などに出没しているようである。

本日も日が暮れた後にその女が現れたということである。

この女の実の名は詳らかではないが、
電網世界においては「千露」という通り名で知られるなり。

この物語はノンフィクションです。
実在の人物・団体・事件等に大いに関係あります。

展示したかった(BlogPet)

千露と、展示したかった。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

不完全燃焼 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 不完全燃焼
「もう夏も終わりに近づいていますが、今年の夏やり残したことは何ですか?」
大分で見た展覧会「ヴェネツィア絵画のきらめき」の感想を
ブログの記事にすることと、
作りかけのビーズアクセサリーを完成させることです。

夏の終わりと季節考

私は昔から夏の終わり(8月下旬ごろ)をなんとなく感慨深く思っています。
ツクツクボーシが鳴き、夕暮れにヒグラシが鳴き、
日没が日に日に早まっていく今頃の季節に
どうしようもなく哀愁と郷愁を覚えるのです。

子どもの頃、この時期がなんだか寂しかったのは
おそらく夏休みが終わる時期だったからではないかと思うのですが、
夏休みと縁が切れて十年以上経った今でも
この季節になるとノスタルジアに浸りたくなるのです。

ちなみに私が一番好きなのは晩秋(11月下旬~12月上旬)の夕暮れです。
「家」の暖かさを一番強く感じる瞬間のように思えるのです。
そして多くの人が好きな早春はあまり好きではありません。
なので、「もうすぐ春だ」ではなく、「冬が行ってしまう」と
なんだか残念になってしまうのです。

私が冬好きなのは冬生まれであるからかもしれません。

子羊たち

本日約2ヶ月ぶりにメインサイトの更新をしたのですが、
以前から好きだった作品にぴったりの詩を見つけたので、
あわせてUPしました。


ブグロー 無垢


気高く美しい横顔を見せる母、
安らかな表情で眠るみどり児、
愛くるしい姿の子羊、
全体に白でまとめられた画面もあいまって
まさしく「無垢」を絵にするとこうなるのだ。ということを実感できる作品だと思います。

ブグローにはもう一点「母」と「子」と「子羊」を描いた作品があります。


ブグロー 子羊たち


左腕に白い子羊を、
そして右腕に彼女の最愛の「子羊」を抱く母という構図は
『無垢』とよく似ていますが、
どこか浮世離れした「母性」の象徴的存在のような『無垢』の母と異なり、
彼女はあくまでも地に足をつけてたくましく生きる「母」そのもののようです。

あくまでも理想美を追求した『無垢』
美しくありながらも現実的量感を感じる『子羊たち』
同じ構図であるにもかかわらず異なる印象の二作品ですが、
どちらからも「母」の魅力を感じます。

あなたのビューティクィーン (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ あなたのビューティクィーン
「思わずうっとり。見とれてしまう「美人」有名人は誰? ここが美しい!など、あなたのフェチポイントも教えてください。」
(Sponsored by 講談社「i-VoCE」美の殿堂?圧巻のカバービューティ!

私が思わず見とれてしまう「美人」は
有名人ではありませんが、一応ネットデビューしているひとです。
 
その名は さつき といいます。
 
彼女のチャームポイントは
何といっても「困ったな~」といった趣の目元と
クマさんのようなお口、
そしてラスカルのように長くて太いしっぽです。
 
しかしそんなに愛らしいさつき嬢もかなわないと思われる「美人」は
かつて我が家にいた ミーコ です。

彼女の少女時代の写真を見ていると「美少女」という言葉が本当にぴったりなのです。
祖母が亡くなったとき、写真の整理をしていて
少女時代のミーコの写真が出てきたのを見て
みんなが「かわいい かわいい」と言っていました。


脳内メーカーその2

昨日「脳内メーカー」をUPしましたが、
また別の脳内メーカー(正面)をやってみました。



いったい何がそんなに悲しいのだろうと思います。
特に悲しむべきことはないように思うのですが…

ちなみに本名だと(画像修正済み)



猫を愛すること以外何も考えていないようです。
ある意味とても当たっています。
でもこれなら猫 猫 猫 猫…
脳内猫だらけだったらもっとよかったのにと思います。


ちなみにさっちゃんはというと



やはり遊ぶことしか考えていない女のようです。