FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年07月の記事

芸術都市 パリの100年展

芸術都市パリの100年展
ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830-1930
 ひろしま美術館

この展覧会は日仏交流150周年を記念して開催されており、
1830年から1930年までの100年間に制作された絵画・彫刻・写真などを通して
パリが「芸術の都」として最も輝いた時代を紹介するものです。

作品はルーヴル美術館、オルセー美術館などパリ市内の12の美術館と
モーリス・ドニ美術館(サン=ジェルマン=アン=レイ)
マルロー美術館(ル・アーブル)
ファーブル美術館(モンペリエ)の3つの美術館から出展されています。

1.パリ、古きものと新しきもの ―理想の都市づくり
1850年代から60年代にかけてナポレオン3世の命を受けたオスマンの大改造によって、
パリは近代都市に生まれ変わりました。
1889年のパリ万博の時にはエッフェル塔が登場し、
1900年の万博の時には現在美術館となっているオルセー駅、グラン・パレ、プティ・パレが造られ、
1914年にはモンマルトルの丘の上にサクレ=クール聖堂が完成しました。
セーヌ河岸、公園、街角など
変わり行くパリの風景を画家は画面にとどめています。
またエッフェル塔建設の様子の写真も大変興味深いものです。

2.パリの市民生活の哀歓
19世紀後半のパリの都市開発とメディアの発達は市民生活を大きく変化させました。
モンマルトルはカフェやダンスホールが出来て若者たちの遊び場、芸術家の集合地となり、
ブーローニュの森は競馬場、動物園、植物園などのある市民の憩いの場となって、
それらの情景は画家たちの新しい画題となりました。
また写真家も市場や祭りにおける庶民の生き生きとした姿を撮影しています。

3.パリジャンとパリジェンヌ ―男と女のドラマI 絵画・写真
ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』に題材をとった作品を始めとした文学的作品、
文学者や芸術家を初めとする紳士たちの肖像、
貴婦人、女優、令嬢たちの肖像、画家の自画像、
各界著名人の肖像写真など
人間ドラマを感じさせる作品の数々が紹介されています。

4.パリジャンとパリジェンヌ ―男と女のドラマII 彫刻
ロダン、ブールデル、マイヨールの作品が紹介されています。
それまでの彫刻が信仰の対象であったり、
記念碑であったりすることがほとんどであったのに対し、
彼らの彫刻はまず「作品」であり、
自己表現の手段であったことが作品から伝わってきます。

5.パリから見た田園へのあこがれ
物質文明の進展とともに都会では失われた「麗しき田園」への憧れが
都市住民の間で強くなってきました。
この時代公共建築の装飾画も
「自然の中の人間の営み」をテーマに取り上げるようになっていきます。
美しい自然の風景やそこで繰り広げられる人々の営みを描いた作品や
装飾下絵等が紹介されています。

今回は絵画作品からだけではなく、写真や彫刻の数々からも
パリの黄金時代に触れることが出来ました。

モロー作品が5点展示されていましたが、
今回の展覧会においてはやや異色の存在であったように思えます。
モローについては改めて記事をUPしたいと思っています。
スポンサーサイト