FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年08月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッサリナ Famme Fatale vol.6


モロー メッサリナ 1874頃


メッサリナは1世紀のローマ皇帝クラウディウスの后でしたが、
皇帝に対し陰謀を企み死罪となりました。

彼女は権勢欲と虚栄心が強かっただけではなく、奔放なことでも知られ、
皇后でありながら娼婦としてローマの下町で客を取っていたと伝えられます。

モローの作品ではメッサリナは若い船頭を誘惑し、
自分の欲望を遂げた後は容赦なく若者を死へ追いやるという
残忍な妖婦そのものとして表現されています。
懇願する若者を一顧だにしない冷酷な姿は
モローの描いた多くのファム・ファタルたちの中でも
一際恐ろしい女性に感じます。
モローは『メッサリナ』は女性の飽くなき肉欲を描いたものであり、
背後で松明を持つ運命の女神パルクによって表されているのは
放蕩は死へ至るという若い男性への教訓であると述べています。


ビアズリー メッサリナ 1897

モロー描くメッサリナが皇后としての気品を備えているのに対し、
ビアズリー描くメッサリナは欲望と本能を露わにした姿です。
この作品が描かれたヴィクトリア時代の英国では
「性」について表現することはタブー視されていましたが、
ビアズリーは独創的な様式でエロスを描き出し、
その後のグラフィックアートの世界に大きな影響を与えました。


ロートレック メッサリナ 1900-01

ロートレックは1900年にボルドーでオペラ「メッサリナ」を見て、
メッサリナの連作に取り組みました。
こちらはその中の一枚で、メッサリナが階段を下りてくる場面です。
彼女の身につけている赤い服は飽くことのない欲望を情熱の象徴です。
高慢な表情や堂々たる体躯から彼女の溢れるような生命力を感じ取れます。
この作品を描いた頃のロートレックはアルコールの影響や持病の悪化で死を目前にしていました。
最後の力を振り絞って描いたのが、男の欲望に火をつける魅惑的な妖婦メッサリナだったのです。

メッサリナは自分の欲望に忠実に生き、そのために命を落とすこととなりました。
彼女の行いは決して正しいものではありませんが、
自分の人生を自分の意思で歩むことの出来た、
ある意味幸福な女性なのかもしれません。

猫雑貨コレクションvol.1

私は本物の猫はもちろん大好きですが、
猫グッズも大好きです。

本日は手持ちの猫フィギュア?をご紹介します。



確か京都で買ったものだったと記憶しています。
本来は箸置きですが、部屋の飾りとして使用しています。
寝顔と赤い首輪の可愛らしさが気に入っています。



岡山のデパートで買ったものです。
実物は二つ一緒に親指に乗るほど小さなものです。
一体だけで飾るよりも二つ一緒に飾るとより可愛らしくなります。



昨年行った「由布院の猫屋敷」で購入したものです。
指先サイズのアメリカ製です。
わが家にやってきた最初の猫がシャム猫だったので、
シャム猫グッズには特に愛着がわきます。



ローマ、コルソ通りの菓子屋で買ったキャンディの箱についていました。
ショーウィンドゥに様々な猫つきキャンディがあったのですが、
こちらが一番可愛かったので買いました。
今にして思えば一つだけにしないでたくさん買えばよかったです。



友人からの誕生日プレゼントのお香セットに入っていたお香立てです。
お香は使い切ってしまったのですが、かわいいので部屋に飾っています。



本来は蛍光灯の延長コードについていたのですが、
外れてしまったので現在は部屋に飾っています。

猫グッズを見かけるとどれもこれも欲しくなってしまうのが困り物です。

夏の大掃除(BlogPet)

千露の「夏の大掃除」のまねしてかいてみるね

今日は物だらけで人様にお見せできる状態ではありません!!
また2階と比べると1階とたいてい1階とタオルケット、朝から数日だった。
近々親戚が完成しては祖母の私の2階の中に見えないようにまとめ、台やタオルケットをつくりましたため、寝室(もともとはありません♪
また2箇所を出してある2階へ持って上がり、シーツやCDラジカセのものを雑巾では物だらけで、一部はPCやタオルケット、棚の中に追われましたの置いており、基礎化粧品、目覚まし時計など必要な生活です。
今日は本棚に見えないように置くように掃除と化して寝床を乱雑になった?
近々親戚が完成してある2階とタオルケットを出してある2箇所をつくりましたの上を降ろし、最近はならなかったため、寝室を雑巾ではPCやタオルケット、朝から掃除とたいてい1階の出来る部屋中は本棚にしまいこんで人様に追われました。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

夏の大掃除

今日は公休日だったのですが、朝から掃除と洗濯に追われました。

近々親戚がわが家に一泊することになったため、
寝室を来客用に明け渡さなくてはならなくなったのです。

私の部屋はPCやCDラジカセの置いてある2階の部屋(もともとの私の部屋)と
1階の寝室(もともとは祖母の部屋:テレビ有)の2箇所を使用しているのですが、
最近は新しい本を買うとたいてい1階に置くようにしており、
また衣類もほとんど1階に置いているため、
それらを片付けなくてはならなかったのです。

まずシーツやタオルケット、マットを引っぺがして洗濯し、
基礎化粧品、目覚まし時計など必要な生活用品を2階へ持って上がり、
本の山を乱雑に見えないようにまとめ、
一部は本棚にしまいこんで、棚にカバーをかけました。
部屋中に掃除機をかけ、台や棚の上を雑巾で拭き
ようやく人を入れることの出来る部屋が完成しました。

また2階の物置と化しているベッドから全てのものを降ろし、
ベッドに掃除機をかけ、シーツとタオルケットを出して寝床をつくりました。
ただし部屋の中は物だらけで人様にお見せできる状態ではありません。

今日から数日2階生活です。
2階は1階と比べると暑いので、少し寝苦しくなるかもしれません。

お盆は何をしますか? (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ お盆は何をしますか?
「最近は夏休みをずらしてとる会社も多いですが、あなたは何をしますか?」
明日は休みですが、ずっと仕事です。
学校卒業以来ずっとサービス業なので、お盆に休んだことがありません。
しかも長期休暇のない中小企業なので夏休みそのものがありません。
 
「夏休み」という言葉の響きがとても懐かしいです・・・

夏の風物詩

今日からお盆ですが、わが家は朝7時半に菩提寺のご住職がいらして読経していただきました。

そのため普通13日の夕方になってから焚く迎え火を
朝10時前に焚いて早々とご先祖を迎えてしまいました。
ただし母の話によるとお料供が出来上がったのは夕方だったとのことなので、
ご先祖の皆様はさぞお腹をすかせていたことと思います。

そして迎え火を焚くとき、ご先祖だけではなく迎えなくてはいけない存在がいます。
「ジャム」「タマ」「シロ」「チロ」「ミーコ」の以前うちにいた猫たちです。
今年はさっちゃんも金さんも迎え火を焚くときに出てきませんでしたが、
以前いた猫の中には迎え火の際、ずっと火の側についていた猫もいます。
なのできっと猫も一緒にお盆には帰ってきているものと思われます。

関東ではお盆は7月に行われるようですが、
どうしても「お盆」といえば8月のイメージが強いです。
ひな祭りや七夕も家庭では月遅れで行われますが、
これらは幼稚園などではカレンダー通りに行われます。
(そうでないと長期休暇に入ってしまうので)
私が子供の頃ひな人形は3月に出して4月にしまっていました。
(ただしゴールデンウィーク頃まで出しっぱなしのこともあり)

しかしお盆だけは幼稚園などでは行われない行事のためか
8月に行うのが普通になっています。

私が子供の頃から好きだったのはお盆の後8月24日に行われる御施餓鬼です。
お寺の池で蝋燭を点した舟を流す「御舟流し」が行われます。
普通の舟はかまぼこ板ほどの大きさの板に蝋燭を立てるための釘が打たれているだけ(釘の周りは蓮の花を象った紙で蔽われています)なのですが、
初盆の家庭が流す舟は人形の乗る屋形船のようなとても可愛い舟なのです。
私は子供の頃この舟が欲しくてたまりませんでした。
そして御施餓鬼では「和尚さんのファッションショー」(by千露母)が開催されます。
様々な色の衣に身を包んだ僧侶が鉦やシンバルを鳴らして読経するのです。

夏も終わりに近づくと地元の小学校の校庭で「盆踊り大会」が開催されていました。
近年は小学校の校庭で「納涼大会」は開かれているようですが、
残念ながら「盆踊り」は行われていないようです。
おそらく練習の時間が取れないのと、
私が子供の頃と比べて児童数が極端に少なくなってしまったからだと思います。

盆踊りが終わるといよいよ夏も終わりという思いを強くします。

イメージ調査 沖縄編 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ イメージ調査 沖縄編
「あなたが持っている「沖縄県」のイメージを3つ書いて下さい!」
●美ら(ちゅら)海
●太陽と赤い花(デイゴ、ハイビスカスなど)
●琉球王国
です。
 
私は沖縄県へは行ったことがないのですが、
明るい太陽、美しい自然、本土とは異なる歴史を刻む独自の文化など
機会があれば一度この目で見てみたいです。
今一番行きたいのはやはり「美ら海水族館」です。

イメージ調査 東京編 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ イメージ調査 東京編
「あなたが持っている「東京都」のイメージを3つ書いて下さい!」
●首都
●大都会
●江戸
 
東京へは数えるほどしか行ったことがないので、
イメージがどうも散漫としています。

ヤンキー(BlogPet)

さつきはヤンキー漫画がほしいな。
ヤンキー漫画ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

華宵・少年の日・宇和島の日々

宇和島市立歴史資料館で開催されている
第9回 華宵の部屋 「華宵・少年の日・宇和島の日々」を見ました。

高畠華宵は北宇和郡宇和島町(現在の宇和島市)の小間物屋の次男として生まれ、
幼少の頃から絵を描くことの好きでした。
少年時代に描いた地元の祭礼の様子の複製画も展示されていました。

今回の展示は『古城の春』『夏の日』など少年の日常を描いた作品や
『馬賊の唄』など少年を主人公にした小説の挿絵など、
いわゆる「大正ロマン」とは趣の異なる作品が多く、
華宵の描く世界の多様性を見ることが出来ました。
夏の装いの乙女たちの絵も展示されていて、
春とは一味違う涼やかな雰囲気でした。

華宵は上京し画家となってからは数回しか帰郷していません。
彼は「なつかしい少年の日の夢を、現実の故郷へ行って壊されることを怖れるからです」と述べています。
華宵にとって故郷は「遠くにありて思うもの」であり、
『古城の春』の遠くを見つめる少年や、
『夏の日』ののびのびと海で遊ぶ少年たちの姿は
華宵の心の中にだけ存在する故郷の姿を描き出したものだったのではないかと思います。

挿絵は雑誌の切り抜きや当時の雑誌や絵葉書などで展示されていました。
個人的にとても気になったのが『ナイル薔薇曲』という作品です。
エジプト風の頭巾を被った少年が大蛇と戦う様子が描かれていました。
当時の少年向け・少女向けの小説は現在ではほとんど読む機会がないのが残念です。

そして明治から大正にかけての宇和島の様子の写真展示もされていました。
レンガ造りの洋館の前に横付けされた小舟の写真を見て、
一瞬「ヴェネツィア?」と勘違いしてしまいました(笑)
現在の宇和島市は城の堀はもちろん、湾内も埋め立てられてしまい
街から海辺が大変遠くなってしまっているのですが、
当時はすぐ側に海があったということに感慨深いものがありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。