FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年09月の記事

東京へ行ってきました

9月5日(金)6日(土)の二日間で東京へ行ってきました。
フェルメール展 東京都美術館
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 Bunkamuraザ・ミュージアム
ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展 国立新美術館
の3つを見てきました。

詳しい感想は後日UPいたします。
スポンサーサイト



バステト女神の端女(BlogPet)

千露の「バステト女神の端女」のまねしてかいてみるね

エドウィン・ロングのリビアヤマネコを持ち、全てのイラストと陶酔の前世は神が訪れているようです。
最近なぜかの猫)エドウィン・ロングのエジプト王朝最後の女神は飽き足らなくなってから、大きな器に注がれてしまい、様々な有名なファラオ全員の一つとしてのプロフィールなど、様々な有名な女神はひょっとすると祝祭と文字でエジプト王朝最後の化身(猫は多産で信仰されたミルクを読み返してしまい、展覧会の私が豊富なの神格も嬉しいところです。
冒頭のリビアヤマネコをお勧めしており、知る人で信仰されています。
最近なぜかのリビアヤマネコを読み返してからの神アヌビス祭の発掘の一つとして崇められたら喜びの描く古代エジプト王朝から豊穣神としてのエジプトうんちく図鑑古代エジプト紀行、大きな器に入ってしまいそうです!!
手軽に入っていました猫様に飼いならした。
図版が養われて描いた。
図版がこの場に濃い内容です。
そして音楽と文字であることから、ファラオまで誰でも知って描いた猫の神殿で信仰されたものです!!
古代エジプトファラオについて叙述されたミルクを最初に非常に濃い内容です。
そして音楽と祝祭と文字で著されていましたの絵画作品は猫様には神アヌビス神としての画家ロングの発掘の化身(笑)のリビアヤマネコを読み返しており、また猫様に何度目か私が養われてから、エジプトファラオ歴代誌初期王朝最後のも持ってから豊穣神がいっぱいいました猫は多産でエジプトうんちく図鑑古代エジプト王朝最後の図録まで引っ張り出して読み出す始末です。
冒頭の猫は白や黒や小さいの画家ロングの準備1889犬好きの中に注がれたものです!
最近なぜかの発掘の絵画作品は猫好きの舞を踊って読み出す始末です。
手軽に飼いならした猫)がいっぱいいられました!
図版が養われているようです♪

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。