FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年09月の記事

昭和の遺産

昨日のテレビの話で、「20世紀の遺産」ということを述べましたが、
わが家には20世紀どころか「昭和の遺産」も数多く眠っています。
(注:この「20世紀」は平成に入ってからの20世紀です)

現在住んでいる家はもともと父が生まれ育った家で、
20数年前に祖父が亡くなった後親子3人は越してきました。
(それまで現在の家から徒歩1分のところに住んでいた)
祖父の死は急だったため(当日の朝までピンピンしていました)
引越しのための準備もほとんど出来ず、
とにかく以前住んでいた家にあったものを全てまとめて持ってきて
適当に収めていくということしか出来なかったのです。
そのため冷蔵庫が2台、食器棚が作りつけのものをあわせると3個、テレビが5~6台など
普通の家ならたいてい1個ですむようなものが複数存在する家になりました。
洋服ダンス、和ダンスなども余分にあります。

家の中に入りきらなかったものは全て二階建ての倉庫に収め、
その後ほとんど倉庫の奥は整理していないため、
倉庫には昭和の遺産が山のようにあるかと思われます。
さらにその倉庫には祖父母の代の品物も多数残っています。
ただしお宝鑑定に出せるようなものは全然ないのが残念です。

以前襖の張替えをしたとき、
下地に使っている新聞紙が戦前(おそらく昭和10年前後)のものであったときは
本当に驚きました。

現役で使っている「昭和の遺産」は茶の間の扇風機です。
おそらく私が生まれる前からあるものと思われます。
製造後約40年は経過しているにもかかわらず、
普通に使えるところがすごいと思います。
ただしタイマーはついていません。
スポンサーサイト