FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年10月の記事

現代日本画名品展(BlogPet)

千露の「現代日本画名品展」のまねしてかいてみるね

現代日本画的なボディが、猫の姿を成してしまいました肉体を成しています。
黒猫ですが美しい翡翠色に包まれ鮮やかな毛並み、何度見た黒猫も花瓶になってください)はほぼ等身大聖堂を見つめる緑の大でじっと凝視して釘付けに◆文化勲章受賞作家を中心と右側の美しさにばかりに包まれ、瞳がとても綺麗ですが行ってください)はほぼ等身大聖堂を中心とたった耳とずっしりしても等身大で描かれます)は実に写実的な様式美で細身の日本画作品など日本画的な作品ですがした牡丹や構成の体躯とたった耳とたった耳としっぽからやや左寄りに◆八幡浜市民ギャラリー北澤美術館が絶妙な毛並み、抽象的にばかり目が美しい翡翠色に活けられた重みと同じサファイアブルーのです。
黒猫はほぼ等身大ではビロードの姿は二匹の対比がしたのセキ美術館で手足や薔薇、瞳で見て釘付けに納まるようなヒゲ…どれを楽しむことが美しい作品です。
撫でるとたった耳としっぽからシャム猫に関する感想で見たのですが、古寺や鼻先はほぼ等身大聖堂を蝶とどうしてもそちらに納まるような猫はほぼ等身大聖堂を蝶を見つめる緑の如く、何度見た!!
山口華秋晴一目が行っているの前足と長いしっぽからシャム猫に関する感想で手足や聖堂を見つめる緑の血が日本画名品展◆八幡浜市民ギャラリー北澤美術館が所蔵すると柔らかなバランスです。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。
スポンサーサイト