FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年11月の記事

空想展覧会「猫の魅力」展

私が美術展を主催するなら是非やってみたいのが
古今東西の「猫」を題材にした絵を集めた展覧会です。

注:以下の文章はあくまでも千露の空想です。
実在の展覧会・美術館とは一切関係ありません。


第一部 西洋絵画の猫

第一章 西洋古典絵画と猫
西洋の古典絵画においては猫が主役の作品は少ないのですが、
物語画肖像画にさりげなく登場する猫は実に魅力的です。
ここではそういった猫たちをご紹介します。

第二章 西洋近現代の猫たち
19世紀以降、画家たちは猫を主役にした作品を多く手がけるようになり、
また肖像画に登場する猫もそれまでより目立つ位置で描かれるようになりました。
また象徴主義者やアール・ヌーヴォーの画家たちにも猫は大いに好まれました。
様々な角度から近現代絵画の猫の魅力をご紹介します。

第三章 絵本・童画・イラストレーションの猫
19世紀から20世紀初頭にかけての絵本やイラストレーションには
愛らしい猫たちが数多く登場します。
そういった猫たちにも焦点を当ててみたいと思います。

第二部 日本絵画の猫

第一章 江戸期の猫
南画・四条派など様々な流派の画家たちの描いた魅力的な猫たちをご紹介します。

第二章 近代日本画の猫
竹内栖鳳 班猫 菱田春草 黒き猫を始めとして、
近代日本画には素晴らしい猫たちが数多く存在します。
そのような猫たちを一堂に集めてご紹介したいと思います。

第三章 洋画の猫たち
日本画だけではなく洋画にも猫は登場しています。
洋画の猫たちも合わせてご紹介します。

第四章 浮世絵と猫
美人と猫は浮世絵の定番モチーフの一つです。
また浮世絵には擬人化されたユーモラスな猫たちも現れます。
それらの猫たちをご紹介します。

こんな展覧会が開催されれば絶対に見に行きたいと思います。

私の空想する「猫の魅力」展には第三部もあるのですが、
こちらは空想というより妄想なので続きに記します。

続きを読む

スポンサーサイト