FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年12月の記事

虹色と乳白色と


ヤン・ファン・エイク 受胎告知 1425-30頃

荘厳な聖堂の中を舞台にした受胎告知図です。
床に描かれているのは聖書の場面と黄道十二宮で、
マリアは乙女座の上に位置しています。
マリアが身に纏うシンプルな青い衣裳と
ガブリエルの豪奢な赤を基調とした衣裳の対比が鮮やかで
油彩によって表現可能となった色彩表現の豊かさが如何なく発揮されています。
そして天使の翼が美しい虹色に彩られているのが目をひきます。
15世紀において天使の翼はしばしば虹のような色合いで描かれましたが、
油彩を用いたファン・エイクの作品では
まさに極彩色と呼ぶにふさわしい鮮やかな色を発しています。
この虹色の翼は天使がこの世のものではない超越的存在であることを
目に見える形で表現したものといえるでしょう。


ヤン・ファン・エイク ゲント祭壇画(部分) 1432完成

『ゲント祭壇画』の扉部分に描かれた大天使ガブリエルです。
こちらは白の衣裳に地味な色の翼で、冠も簡素な意匠のものとなっています。
装飾は襟や袖口に施されているのみのシンプルな衣裳ですが、
生地はとても上質そうなものです。
フランドル地方は織物の産地として名を知られていましたが、
これらの天使やマリアの衣裳を見ていると、
15世紀フランドルの織物の素晴らしさが伝わってくるようです。

ファン・エイクの描く天使は実際触れて体温や量感を感じ取ることが出来そうです。
しかし神の使いとしての神秘性も併せ持つ荘厳な存在という印象を受けます。

孔雀の翼


フィリッポ・リッピ 受胎告知(部分)

マリアへ受胎告知する大天使ガブリエルです。
母性の象徴である薔薇の冠を被り、
純潔の象徴である白百合(マドンナリリー)を捧げ持っています。

現在天使の羽の色といえば純白を連想しますが、
リッピ描くガブリエルは孔雀の羽をつけた姿です。

孔雀は春に華麗な羽が生え変わるため「復活」の象徴とされ、
またその肉は腐敗しないと考えられていたため「不死」の象徴ともされました。

ギリシア神話では孔雀はゼウスの正妻ヘラの聖鳥とされ、
孔雀の羽の目玉のような模様は
百の目を持つ怪物アルゴスが退治されたときに
その目を羽にはめ込んだものという伝説があります。

最上位の天使である熾天使(セラフィム)は無数の目を持つとされており、
たくさんの目がはめ込まれたような孔雀の羽が
セラフィムの持つ力の象徴と考えられ、
位階の低い天使にもその影響が見られるようになったと考えられます。

リッピの作品の孔雀の羽はあまり色鮮やかに描かれていませんが、
実際の孔雀の羽をつけた天使が存在するとすれば
さぞ壮麗な姿であろうと思われます。
ルネサンスという時代にふさわしい存在であるといえましょう。

新聞読んでます? (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 新聞読んでます?
「あなたは新聞を読んでますか?読んでいませんか?できればその理由も教えて下さい。」
私は活字になっているものは読まずにいられないたちなので
新聞は毎日読んでいます。

しかし今年8月全国紙からローカル新聞に変えたのですが、
読む箇所が少なくなってしまい、つまらなくなってしまいました。
地域の情報は詳しく掲載されているのですが、
全国ニュースや国際ニュースが比較的手薄なのが残念です。
そういったニュースを補うのにネットのニュースサイトを利用しています。

「天使」が描いた天使


「天使のような僧」=フラ・アンジェリコの描いた天使です。

気高い横顔と仕草は
天使が神の領域に所属する存在であることを表し、
また柔らかそうな髪や体温を感じさせる肌は
天使は常に人の側で見守っている存在であることを示しているようです。

神々しさと人間的な温かみが共存しているところが
フラ・アンジェリコの描く天使の最大の魅力だと思います。

クリスマスイブまでの40日間を待降節(アドベント)と呼びます。
アドベント・カレンダーというものをご存知の方も多いと思います。
一日ごとに窓を開けていくカレンダーで、
当日になるとすべての窓が開いて
クリスマスを迎えたことを知らせてくれるものです。

Windflowersにおいては様々な天使の画像をご紹介しながら
待降節を過ごしたいと思います。

自然の音 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 自然の音
「風が通り過ぎる音や小川のせせらぎ。自然の中に音はたくさんありますが、あなたが好きな自然の音は何ですか?」
ちょっと反則かもしれませんが、「猫の鳴き声」です。
(これも自然物が出す音の一つだと思います。)
ニャオンと鳴く声や、子猫のミーという声、
撫でてやったときのゴロゴロという音、
どれもとても可愛くて大好きです。

寝るときの防寒対策 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 寝るときの防寒対策
「ますます冷え込みが強くなってきました。あなたは寝るときの防寒対策にどんなことをしていますか?」
布団に入る前にはエアコンをつけておき、部屋を暖めておきます。
(エアコンは布団に入ったあと消します。)
寝るときは毛糸またはフリースのルームソックスは欠かせません。
そして天然湯たんぽがあれば最高なのですが、これはめったに使えません。
しかも5~6kgあるので重く、足を真直ぐ伸ばして眠れないというデメリットがあります。

「天然湯たんぽ」とは猫のことです。
さっちゃんは絶対布団の中では寝ません。
たまに私の寝床で寝ることがあっても、布団の上で寝ます。
普段は父のところで寝ています。
金さんはたいてい母のところで寝ています。

ネコバッグ

お買い物の際、エコバッグをお使いになられる方は多いと思いますが、
私は「ネコバッグ」を愛用しています。



京都の猫雑貨店のび工房で買ったものです。
工房オリジナルのイラストの猫たちがいい味わいを出しています。
日々の買い物に愛用しています。



雑誌の付録についていたものです。
というよりもネコバッグ欲しさに雑誌を買ったようなものです。
外出時たたんでカバンに入れて持っています。



ちょっとそこまでという程度の外出時によく使います。
大き目の書類も折らずに入る大きさは便利です。



小さなバッグなので散歩程度の外出に使っています。
これは10年以上前に買ったものですが、今でも愛用しています。

私の身の回りの品は猫の付いた物だらけで、
猫グッズだけで生活できるのではないか?と思ってしまうほどです。

師走に卒業しなかった(BlogPet)

きのう千露と、師走に卒業しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

猫の肉球

先日lapis様のところで猫の手ブログパーツを紹介しておられました。
ニクキュ~猫の肉球ブログパーツ

あんまりかわいいのでサイドに貼ってみました。
(スクロールしていただくと猫の手が現れます)
クリックするとかわいい猫の鳴き声が聞こえます。

猫好きにとって猫の肉球ほどかわいいものは
他にはめったに無いといえます。
あのぷにぷにとした感触は実に幸せな心地にさせてくれます。



私の一番好きな「猫の手」です。
白豆と黒豆が一つの手のひらに存在しているのが
本当に愛らしいと思います。

忙しいときには「猫の手」を借りるよりも、
「猫の手」を触って心和ませたいと思います。

2009年のカレンダー

そろそろカレンダーを用意している方も多いと思われます。

今日地元の書店で茶の間用のカレンダーを買ってきました。
毎年買っている招福ねこ暦(岡本肇:画)です。
Kabamaruをはじめとする個性的な猫たちが
温かみのあるタッチで描かれたカレンダーです。

自室用は先日化粧品店でもらった蒼山日菜
切り絵アートのカレンダーを使おうかと思っています。
とても繊細でレースのような切り絵です。
これまで色彩豊かなカレンダーを愛用してきたので、
モノトーンで構成された図柄を新鮮に感じます。

子供の頃は「カレンダーは貰う物」でしたが、
大人になってからは景気の後退であまりカレンダーを貰わなくなったこともあり、
好きなものを買うようになりました。
ほとんど猫か絵画作品のカレンダーです。
一年だけ例外があり、そのときは職場で貰った世界遺産のカレンダーでした。
前の職場はあちこちからカレンダーを頂いていたので、
年が明けると全従業員でカレンダーを山分けしていたのです。