FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2008年12月の記事

神秘なる天使


ブレイク 墓に埋葬されたキリストの上の天使たち 1808頃

18世紀以降宗教画は衰退し、
絵画表現における「天使」の役割も変化しました。
近代絵画に描かれた天使は宗教的存在というよりも
それぞれの画家の「こころ」を象徴する存在といえます。

ウィリアム・ブレイクは画家であると同時に詩人でもあり、
また幻視者としても知られています。
彼が古典文学から霊感を受けたり、自らの詩想を表現して描いた絵画は
非常に独創的なもので、生前はほとんど理解されませんでした。
上の作品では左右対称に位置する天使が死せるキリストを礼拝しています。
激しい線や色彩を使用したものの多いブレイクの作品の中では穏やかな印象ですが、
闇の中に浮かび上がる天使とキリストの姿は大変神秘的です。


モロー 夕べの声

黄昏の空を浮遊する3人の天使たちは非常に幻想的な雰囲気です。
東洋的な衣裳を纏った彼らはモロー自身の「魂の声」の象徴といえるでしょう。


フリードリヒ 大聖堂 1818頃

壮麗な大聖堂を背景に天使たちが輝く十字架を礼拝しています。
フリードリヒは自然の中に霊性を見出し
『山上の十字架』『教会の見える冬景色』などの作品を描いていますが、
このように天使(非現実的存在)が前面に出ている作品は稀です。
しかし「教会」「天使」といったキリスト教的なものが描かれていながらも
特定の宗教を超えた「神聖なるもの」を感じさせる作品だと思います。

大きく話題は変わりますが、
最近の私のお気に入りの音楽をご紹介します。
Gregorian―Only You
(動画サイトです。音楽が流れるのでご注意ください。)
こういった絵画作品を見ているとこういう歌声が響いてくるようです。
スポンサーサイト