FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2009年02月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒いケープ~ビアズリー『サロメ』vol.3


あれはいかにも変な様子をしている。琥珀の眼をした小さな王女のようだ。軽羅の雲越しに小さな王女のように微笑んでいる。
ワイルド『サロメ』より


上は若いシリア人ナラボの台詞で、彼は「小さな王女」のような月を見上げています。

『黒いケープ』はワイルドの戯曲の場面とはほぼ無関係の独立した作品です。
サロメの黒い衣裳は紀元前後のユダヤの王女としてはもちろんのこと、
19世紀のモードとしても大変斬新なデザインです。

背景その他の要素を一切排し、黒の面と必要最小限の線で構成された量感豊かな表現は、
「黒」という色の持つ魅力が最大限に生かされたものだと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。