FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2009年05月の記事

ルドゥーテの薔薇 vol.8


ロサ・ムスコーサ・ムルティプレックス

ここに描かれているのは「モス・ローズ」と呼ばれる種類のバラです。
密生する刺や腺毛の様子が苔(モス)を思わせることから名づけられました。

モス・ローズにはケンティフォリア・ローズから派生したものと
ダマスク・ローズから派生したものがあり、
上の作品はケンティフォリア系から最初に派生したもので、
現在コモン・モスと呼ばれている品種と考えられています。


5月15日撮影

ルドゥーテの絵からは大輪の花の印象を受けますが、
実際の花は小ぶりです。
現代バラとは一味違う繊細な魅力をコモン・モスからは感じます。
スポンサーサイト