FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2009年06月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラハム・トーマス(BlogPet)

千露の「グラハム・トーマス」のまねしてかいてみるね

グラハム・トーマス6月12日撮影本日街角で、紅茶のバラ研究家デヴィッド・オースティンによって作出されましたので思わず写真を嗅いで、1983年に英国の美しされましたがダマスク香といわれてトーマス自身が自分の持つ鮮やかな甘されました。
グラハム・トーマス自身がダマスク香といわれましたとモダンローズを撮ってトーマスは一味違う柔らかな甘されましたバラ研究家デヴィッド・オースティンによって作出されています。
あまりに綺麗だった。
「グラハム・トーマス」は一味違う柔らかな黄色、1983年に英国のような甘さを撮ってしまいましたが特徴です♪
このバラの形とはイングリッシュローズの名を嗅いで見ましたといわれてトーマスは一味違う柔らかなカップ咲きの香りでしたが自分の持つ鮮やかな甘さを与えた?
あまりに綺麗だったといわれましたので思わず写真を代表する名花で見かけたバラです。
グラハム・トーマス6月12日撮影本日街角で見ましたが自分の名を代表する名花で、1983年に英国のような黄色、1983年に英国のバラです。
オールドローズの名前です。
「グラハム・トーマス」は英国の名前です!!
あまりに綺麗だったバラです。
実際花の美しされましたバラの香りを感じる香りを嗅いで見ましたといわれましたバラ育種家デヴィッド・オースティンによって作出されてトーマスは英国の名を感じる香りを代表する名花で、1983年に英国の美しさを代表する名花で見かけた。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

グラハム・トーマス


グラハム・トーマス 6月12日撮影

本日街角で見かけたバラです。
あまりに綺麗だったので思わず写真を撮ってしまいました。

グラハム・トーマスはイングリッシュローズを代表する名花で、
1983年に英国のバラ育種家デヴィッド・オースティンによって作出されました。
オールドローズのようなカップ咲きの花の形と
モダンローズの持つ鮮やかな黄色、紅茶のような甘い香りが特徴です。
実際花の香りを嗅いで見ましたが
ダマスク香とは一味違う柔らかな甘さを感じる香りでした。

「グラハム・トーマス」は英国のバラ研究家の名前です。
このバラの美しさをたたえてトーマス自身が自分の名を与えたといわれています。

二度目の説教


二度目の説教 1863-64



初めての説教 1863-64

この二点はミレイが初めて描いた「ファンシー・ピクチャー」で、大いに人気を博しました。
モデルは当時5歳の長女エフィーで、
彼が自分の子供をモデルに描いた最初の作品でもあります。

ミレイはこの後自分の子供や孫をモデルにファンシー・ピクチャーを数多く描くこととなります。
この二作品はミレイの画業の方向性を決定付けたものといえるでしょう。

『初めての説教』では少女はかしこまった面持ちで信徒席に座り、
厳かな礼拝の席にふさわしい振る舞いをしようと懸命な様子です。

一方『二度目の説教』では疲れてしまったのか居眠りをする姿が描かれています。
両足の様子を見ても『初めて~』ではしっかりと揃えられていたのが
『二度目~』では宙ぶらりんのリラックスした形になっています。

『二度目の説教』は画集『眠る女』に取り上げられています。
ここに登場する「眠る女」の多くは妙齢の乙女で、愛を夢見て眠っているようなのですが、
この幼女はただひたすら無心に眠る様子が愛らしく、
「死」に通じる「眠り」を享受する女たちの中
満ち溢れる「生」を感じさせます。

眠る女―Sleeping Beauty

lapis様のブログにて画集:「眠る女」を取り上げておられます。

今回の記事は2006年11月24日に以前のブログで公開した記事の再掲です。
基本的に当時のままUPしています。


眠る女 Sleeping Beauty 解説:山田登世子 1995 トレヴィル
 美しいものはすべて眠る。
 この世を、時の歩みを忘れ果てて。
本書帯より

以前トレヴィルから出版されていた「女」シリーズ(?)の三冊目です。

世紀末象徴主義・ラファエル前派の画家たちの描くさまざまな「眠る女」たちを
4章に分けて紹介しています。

Flaming June
表題となった『燃え上がる六月』をはじめとするレイトンの作品のほか、
アルバート・ムーア、アルマ=タデマ描くまどろむ古代の女たち
ホイッスラー、ティソ描く近代(当時においては「現代」)の娘、
ミレイ描く“お寝む”になってしまった幼女など(実に愛らしいです)
多様な「眠る女」の姿を見ることができます。
中でもクリムト『少女』の多くの女たちが一体になって眠る姿には
「輪廻」というか、「生命の循環」を感じます。

Sleeping Princess
バーン=ジョーンズの『いばら姫』を初めとして、
ウォルター・クレインの『眠り姫』やウォーターハウスの『聖カエキリア』など
物語に登場する「眠る女」たちの姿が紹介されています。

The Nightmare
フュスリ『夢魔』のほかデルヴィル、ムンクなどの情念に満ちた「眠る女」が紹介されいます。
これらの作品を見ていて
眠っているときに見る夢は甘美なものだけではなく、
時として恐ろしいものであることもあると感じました。
この章の冒頭はクリムト『ダナエ』なのですが、
この後に登場する悪夢の女たちを見ていると、
あの恍惚とした表情をしたダナエの歓びも儚いもののように思えます。

Hope
ウォッツ『希望』ブレイク『あわれみ』といった
これまでに見てきた「眠る女」とは異なった系統の女の姿を見ることができます。
悪夢の女たちの後で見る『希望』は
パンドラの箱を開いてしまった人間の最後の寄る辺のように思えます。
これら「眠る女」の姿は世紀末象徴主義者たちの
20世紀という新しい時代に対する「恐れ」の表れであったように思えます。
混沌の世紀末で未来への展望が開けない中
ある者は美しい夢を追い求め、永遠に眠り続ける女を描き、
またある者は己の内面を「悪夢」の形で表したのではないでしょうか。

バラの名前 vol.5 バレリーナ


5月12日撮影

バレリーナは1937年にイギリスで作出された半つる性のシュラブローズです。
ピンクに縁取りされた小ぶりな花が愛らしい品種で、
垣根に咲く様子は本当に見事です。


19世紀後半から20世紀初頭のフランスの画家Pierre Carrier-Belleuseの作品です。
バレエを踊る女性(バレリーナ)を描いた画家といえばドガが有名ですが、
Carrier-Belleuseは愛らしいバレリーナを数多く描いています。

それぞれありますよね? (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ それぞれありますよね?
「お気に入りの場所は?」
猫のいる場所ならどんなところでもお気に入りの場所になります。
あと薔薇の咲いているところと、趣ある美術館も好きです。

バラの名前 vol.4 アンジェラ


5月15日撮影

アンジェラは1988年にドイツで作出された品種です。
日本では大きく育つため、つるバラとして扱われます。
香りはほとんどないのですが、
半八重咲きの濃いピンクの花はとても愛らしく
「アンジェラ(天使の女性形)」にふさわしい可憐な雰囲気です。


19世紀アメリカの画家セイヤーによる天使の絵です。
生身の少女の姿をとった天使は圧倒的存在感を放っています。

作品を記録したかも(BlogPet)

きょうさつきは、作品を記録したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

県連想シリーズ! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 県連想シリーズ!
「「秋田県」で連想するものは?」
●あきたこまち(米)
●なまはげ
●秋田美人  です。

私にとって東北地方は未踏の地なので
漠然としたイメージしか湧かないのが残念です。

バラの名前 vol.3 レオナルド・ダ・ヴィンチ


5月15日撮影

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」は1994年にフランスで作出された新しい品種です。
アンティークタッチローズと呼ばれるオールドローズの雰囲気をたたえたバラで、
鮮やかなローズピンクの丸く咲いた花がとても美しい品種です。


レオナルドによる女性の横顔のデッサンです。
微笑を浮かべた穏やかな表情が印象的です。
彼の完成作は非常に少ないのですが、
むしろこのようなデッサンのほうに魅力的な女性が描かれています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。