FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2010年03月の記事

高橋真琴の夢とロマン展

高橋真琴の夢とロマン展―少女たちの瞳が輝く時―
2月3日~2月21日 美術館「えき」KYOTO

先日の旅行で京都へ到着して最初に見た展覧会です。

高橋真琴の初期の漫画作品から、昭和40年代から50年代にかけての挿絵
近年の個展用の作品までが時代を追って展示されていました。

昭和30年代の漫画作品のカラー原稿も展示されていました。
バレエ漫画『プチ・ラ』のエジプト公演のシーンで、
古代風の衣裳を着たエジプトの少女がとても魅力的でした。
当時の絵柄は昭和40年代以降とは若干異なる気がします。
絵の美しさは申し分ないのですが、
バレエ漫画として見るには絵に動きを感じませんでした。
最も当時の少女漫画はまだ未発達の分野だったため
全体にこのようだったのかもしれません。

昭和40年代以降漫画からイラストに仕事の重点を移し
雑誌の表紙、口絵などを手がけるようになります。
私が「高橋真琴」の作品としてイメージするのはそれらの作品です。
「マーガレット」などの少女雑誌でも活躍していますが、
私の場合「幼稚園」「小学○年生」などの雑誌で見た記憶が残っています。
残念ながら具体的にどんなものを持っていたか覚えていないのですが、
文房具やハンカチ、バッグなどのグッズも子供の頃一つ二つは持っていたと思います。

高橋真琴の原画を見たのは今回が初めてなのですが、
印刷では味わえない色彩の瑞々しい美しさを感じました。
数は少ないのですがモノクロの原画もありました。
その中に牛若丸(義経)やローエングリンといった男性メインの作品があったのが印象に残っています。
そして花や小動物の丹念なデッサンも展示されていました。
特にうさぎの愛らしさにただただ見惚れてしまいました。

平成に入ってからは挿絵ではなく独立した作品としてのイラストを主に描いています。
人魚姫なども絵本用に描かれた単に愛らしい姿とは異なり、
少女の初々しさを持ちながらも大人の女性としての魅力を兼ね備えた姿で描かれています。
哀しき「宿命の女」オンディーヌも実に魅力的でした。

高橋真琴の描く少女はあくまでも可憐で清楚な少女たちですが、
この華麗なタッチで「サロメ」のような毒を持つ少女を描いたとしたら
一体どんな雰囲気になるのだろうと想像してしまいました。

私は「乙女」とは程遠い人間ですが
この展覧会場にいる間ずっと「乙女」の気分に浸っていました。

北野天満宮

間が開きましたが、京都旅行記・北野天満宮編です。

2月の花といえば「梅」がまず思い浮かび、
京都で梅の名所といえば北野天満宮を連想したため行ってみることにしたのです。
銀閣寺道~出町柳(徒歩)出町柳~北野天満宮(バス)で移動という
今出川通端から端まで横断コースを取りました。

烏丸通より東の今出川通は京都大学や同志社大学などがあり、
京都御苑の広大な緑地を見やりながらのルートには格調を感じます。
烏丸通~堀川通を過ぎると庶民的な雰囲気の町並みになり、
千本通を過ぎると北野天満宮の門前町といった趣になります。

今回の旅行ではいわゆる有名観光地へはあまり行かなかったのですが、
北野天満宮はさすがに多くの人々でにぎわっており、
また学問の神様を祀ってある為か修学旅行生の姿も目立ちます。



この時(2月中旬)は白梅は見ごろを迎えていましたが、
紅梅はまだまだ蕾が目立ちました。



珍しい梅(と思います)を見かけました。
有料で公開されている梅苑もありますが、境内だけで充分楽しめました。



拝殿の軒先の極彩色の浮き彫りは見事で、
時間をかけてじっくり見ることも出来そうでした。
今回は急ぎ足の旅立ったのでゆっくり見られなかったのは残念です。



境内には天神様のお使いである牛があちこちにいます。


私の中で一番のヒットはこちらの牛です。
母牛に甘える子牛が可愛くて思わず写真を撮ってしまいました。

踏み固める女

昨日突然さっちゃんが私の寝室にやってきました。
布団の上に上がると毛布を踏み始めたのです。


一心不乱に懸命に踏み固めます。
さっちゃんにとってこれは入眠の為の大切な儀式のようなものです。


完全に踏み固めた後ようやく落ち着いて休むことが出来るさっちゃんでした。

脱穀(BlogPet)

きのうさつきが、修行するつもりだった。
それできょう、脱穀したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。

至福の時間 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 至福の時間
「あなたにとってかけがえのない時間の過ごし方を教えてください。」
何もしないで猫とともに過ごすことです。
猫を撫でたり、匂いを嗅いだり、肉球をぷにぷにすると
この上ない幸せを感じます。
膝の上に乗ってくれれば本当に幸せです。

「さつき」CMモデルに!!

この商品の紹介CMを見る


コマーシャライザーというもので遊んでみました。
写真をUPして、キャッチコピーを入力するとCM動画が作れるのです。

私の場合はさっちゃんのCMを作りましたが、
本格的な商品のCMを作ることも出来るようです。

ああ眠い (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ ああ眠い
「眠気覚ましの方法を教えてください。」
体をつねる、コーヒーを飲むなど様々な方法がありますが、
私の場合はとにかく「気合で起きている」です。
どんなに瞼が降りてこようとしても、
意地と根性で無理やり開けています。
なんだか昔のスポ根漫画のような眠気覚まし法です。

ちなみに猫たちは無理に眠気を覚ますということは絶対にしません。
寝たいときには自由に寝ています。
こういうときは猫がうらやましいです。

桃の節句 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 桃の節句
「女の子だなぁと思うときはどんなときですか?」
私自身はおよそ「女の子」から程遠いのですが、
さっちゃんは寝相や身づくろいの仕方など仕草の一つ一つが大変愛らしく
いかにも「女の子」という感じです。
金さんやたろとは一味違います。

京都でごはん

先日の京都旅行ではとても満足の行く食生活を過ごしました。

初日の昼食:SECOND HOUSE七条西洞院店
大正時代の銀行の建物を利用したケーキとパスタの店です。
かつての金庫室がギャラリーとして使われています。
パスタ・バゲット・サラダ・ドリンクのセットを頂きました。
日替わりパスタはトマトベース・クリームベース・オイルベースの3種類があり、
今回クリームパスタを選びました。
こういうパスタ類は往々にしてしつこいことが多いのですが、
こちらのクリームはあっさりとしてかつクリーミーで
最後まで美味しく食べることが出来ました。
今回は食べなかったのですが、ケーキも美味しそうでした。

初日の夕食:ふろうえん
銀閣寺近くのかつて旅館だった建物を利用したの洋食店です。
一見敷居が高そうに見えますが、気軽に入れて感じのいいお店でした。
メイン(エビフライ・クリームコロッケ・ハンバーグなど)に
小鉢4品とご飯・味噌汁がつきます。小鉢はサラダの他和え物や酢の物です。
上品な雰囲気でかつ量も適量、そして味もよくお手ごろ価格(1400円)と
とても満足できました。

2日目の昼食:tawawa新風館店
「京野菜ダイニング」と銘打っているように、季節の京野菜をたっぷりと使った料理を出すお店です。
ランチはバイキングスタイルで、メイン(カレー・パスタ・日替わりのメイン)をどれか一つ選び、
京野菜のサラダと自家製のパンが食べ放題です。
サラダといっても単純に生野菜だけではなく、(生野菜もとても美味しいです)
様々な種類のサラダがあるので、サラダだけでも充分に満足できそうです。
ドレッシングやパンにつけるジャムも自家製というのにこだわりを感じます。
これにデザートと飲み物が付いて1000円というのは本当にお値打ちだと思います。

今回京都に行きながら一度もいわゆる京料理を食べませんでしたが、
お手ごろ価格で美味しいものを食べることが出来たのが嬉しいです。

西陣そぞろ歩き

北野天満宮から宝鏡寺へ歩いて向かいました。

北野天満宮の東門を出ると上七軒で、京都の花街では最古のものです。
祇園などと比べるとはるかに小さいのですが、
普通の家とお茶屋がさりげなく並んでいるのに風情を感じます。

上七軒を過ぎると千本通に出ます。
千本通は平安京の朱雀大路だった通りです。
かつては都のメインストリートでしたが、
今ではどちらかといえば庶民的な雰囲気の通りになっています。

千本今出川交差点のほど近くに千本釈迦堂があります。



正式名称大報恩寺と呼ばれるこちらの本堂は京都市街地最古(鎌倉時代)の国宝建築です。
本堂の前に植えられた枝垂桜は「阿亀桜」と呼ばれています。
見事な枝ぶりで、満開のときはさぞ壮麗なことだろうと思います。

千本釈迦堂から堀川通へ向かって小道を東へ進みました。
途中には町家を利用したカフェや西陣織の織元、古い小学校などが
普通の住宅に混じって点在しています。

京都で風情ある町並みといえば産寧坂や石塀小路、
あるいは祇園の花見小路や白川べりなどが有名ですが、
それらの「いかにも観光地」な感じと異なって
何より人々の生活の場であるということを西陣の町並みからは感じます。

京都へは何度も行っているのですが、
私の場合大規模な展覧会目的で行くので
烏丸通から西へはほとんど行ったことがありませんでした。
今回急ぎ足ではありましたが、一味違う京都を見ることが出来てよかったと思います。