FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2010年03月の記事

西陣そぞろ歩き

北野天満宮から宝鏡寺へ歩いて向かいました。

北野天満宮の東門を出ると上七軒で、京都の花街では最古のものです。
祇園などと比べるとはるかに小さいのですが、
普通の家とお茶屋がさりげなく並んでいるのに風情を感じます。

上七軒を過ぎると千本通に出ます。
千本通は平安京の朱雀大路だった通りです。
かつては都のメインストリートでしたが、
今ではどちらかといえば庶民的な雰囲気の通りになっています。

千本今出川交差点のほど近くに千本釈迦堂があります。



正式名称大報恩寺と呼ばれるこちらの本堂は京都市街地最古(鎌倉時代)の国宝建築です。
本堂の前に植えられた枝垂桜は「阿亀桜」と呼ばれています。
見事な枝ぶりで、満開のときはさぞ壮麗なことだろうと思います。

千本釈迦堂から堀川通へ向かって小道を東へ進みました。
途中には町家を利用したカフェや西陣織の織元、古い小学校などが
普通の住宅に混じって点在しています。

京都で風情ある町並みといえば産寧坂や石塀小路、
あるいは祇園の花見小路や白川べりなどが有名ですが、
それらの「いかにも観光地」な感じと異なって
何より人々の生活の場であるということを西陣の町並みからは感じます。

京都へは何度も行っているのですが、
私の場合大規模な展覧会目的で行くので
烏丸通から西へはほとんど行ったことがありませんでした。
今回急ぎ足ではありましたが、一味違う京都を見ることが出来てよかったと思います。
スポンサーサイト