FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

2010年05月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元に欲しいもの

地元といっても「愛媛県内」という意味なのですが、欲しいものが二つあります。
「植物園」と「水族館」です。

以前広島の友人を訪ねたときに一緒に広島の植物公園に行ったのですが、
緑豊かな広大な敷地や温室に咲く色とりどりの花々に圧倒されました。
愛媛県内には花の名所や日本庭園などは各地にあるのですが、
系統だって植物を栽培・展示しているところはありません。

愛媛県内には四万十水系の川魚メインの淡水水族館はありますが、
海の魚の水族館はありません。
アシカやペンギンがいるのは動物園です。
イルカやアザラシがいる場所は県内にはありません。
愛媛県民が水族館へ行こうと思ったら
広島の宮島水族館か、高松の屋島水族館か、高知の桂浜か、
もしくは大分のうみたまごまで行かなくてはなりません。
愛媛県は三方を海に囲まれ、47都道府県の中でも有数の海岸線の長さを誇る県であるにもかかわらず、水族館が無いというのが不思議です。
私は水族館好きなので、めったに水族館に行くことが出来ないことを残念に思います。

これはあるにはあるのですが、もっと充実させて欲しいという意味であげるのが「美術館」です。
愛媛県は文学・歴史系の博物館は充実しているのですが、
美術館はどうも今ひとつのように感じます。
市町立の個性的な小さな美術館は点在しているのですが、
それらの魅力を生かしきれていないのではないかと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。