FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

Saint Sebastian vol.5

「聖セバスティアヌス」といえば裸体に矢を受けた美青年の姿で描かれることが多いのですが、
肖像画のような雰囲気で描かれたものも存在します。



ラファエロの初期の作品です。
人物の柔和な目元口元にはペルジーノの影響が見られます。
右手に持つ矢は彼が聖セバスティアヌスであることを示すものです。



ルネサンス期のイタリアの画家の作品です。
わずかに微笑む口元が印象的です。
ウェーブした美しい髪などが両性具有的な魅力を醸し出しています。


バロックの画家カルロ・ドルチの作品です。
ドルチは『悲しみの聖母』『聖カエキリア』など半身像の聖人画を数多く描いています。
半裸で天を仰ぐ美青年の姿は神々しさと同時にどこか危うさも感じさせます。
スポンサーサイト