FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

セキ美術館

セキ美術館は松山・道後の閑静な住宅街の一角にある美術館です。
近代日本画・洋画及びロダンの彫刻・素描を収集・展示しています。
小さな建物ですが、まるで個人の邸宅を訪問しているような感覚でゆったりと美術鑑賞が出来ます。

現在は「春の所蔵作品展」として主に花を題材にした作品を展示しています。

加山又造『月明り』 稗田一穂『弦影』
いずれも夜桜を描いた幻想的な作品です。
昼間の桜は明るく爛漫な雰囲気ですが、
夜の桜はどこか「魔」が潜んでいるのではないかと思わせます。

林  武『薔薇』
ステンドグラスの原画を思わせる重厚なマチエールの作品です。
この日はルドゥーテの描くビロードやシフォンのような薔薇をずっと見ていたので、
この幾重にも塗りこめられたような薔薇に
「薔薇」という花が持つ異なる側面を垣間見た思いでした。

岡鹿之助『三色菫』
深い青緑の画面にそれぞれ色の異なる三輪の三色菫が描かれています。
単なる花の絵ではなく、まるで「花の肖像画」のようです。

児島善三郎『ダリア』
明るく色鮮やかでモダンなイメージの作品です。
ダリアの生けられた花篭の置いてあるテーブルクロス(?)の柄が
歌舞伎の幕みたいで面白いです。

和田英作『バラ』
こちらの『バラ』は薔薇色の画面に小品ながら圧倒されます。
絵全体から「薔薇」そのものといった雰囲気を感じました。

香月泰男『牡丹』
画面の上半分は黄土色一色で、その下を黒い帯が横切り、
主役であるはずの牡丹は下方3分の1ほどの画面に描かれている
個性的な構図の作品です。
牡丹を描いた作品といえば華やかなものが大半ですが、
この作品は美しさよりも力強さを感じさせます。

中島千波『花芙蓉』
涼やかで清楚な色彩と線描が印象に残る作品です。

野村義照『咲き残るひまわり』
青緑の夕闇のなかところどころ小さく咲き残るひまわりの黄色が可憐な印象です。
野に咲くひまわりといえば一面埋め尽くすようなイメージが強いので
かえってこの点々とわずかに咲いているひまわりに生命力の強さを感じました。

他にも愛媛の春の風景を描いた作品など展示されていました。
スポンサーサイト