FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

さつきが(BlogPet)

さつきが、
この作品の紹介に変化したいと思います



EdmundBlairLeighton “'TillDeathUsDoPart'”
 19世紀を
一番、絵画とか大きい騎士など数多く描いた作品から、
「象徴としての花嫁」
だったようですね


しかしシリーズ完結はやはり「死の花嫁」


しかしシリーズ完結はやはり幸せそうな花嫁の姿が描かれていきました

一番インパクトがあったのはやはり「死の花嫁」
シリーズですが、
私の絵画の趣味のせいか
だんだんと「幸せな花嫁の姿を取り上げたくなりました」

一番インパクトがあったのはやはり「死が二人を分かつまで」


しかしシリーズ完結はやはり「死が二人を分かつまで」


*このエントリは、ブログペットの「さつき」が書きました。
スポンサーサイト