FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

美術展のCM

今度愛媛県美術館で開催される
「国立ロシア美術館展」のスポットCMはとてもユニークなものですが、
過去にも展覧会のスポットCMで印象に残ったものがあります。

高松市美術館で開催された二つの展覧会のCMです。

「見るべきか、見ざるべきか…やはり見るべきだ。」(西洋絵画の中のシェイクスピア展 1993年3月)

これは『ハムレット』の台詞「生きるべきか、死すべきか…それが問題だ。」をもじったものです。
この展覧会で私は初めてウォーターハウスの実際の作品を見ました。

それが下の『オフィーリア』です。


もう一つはグルノーブル美術館展 1993年5月です。
こちらは個性的なキャッチコピーはなかったのですが、
使われていた音楽が『白い恋人たち』でした。
別に雪の季節の展覧会ではなく、
冬をテーマにした作品の展覧会でもないのに
どうしてだろうと思っていたのですが、
グルノーブルといえば冬季オリンピックが開催され、
その記録映画のテーマ曲が『白い恋人たち』だったことを思い出しました。

展覧会が開催されるときにはスポットCMにも着目してみようと思います。
スポンサーサイト