FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

ムーサたち 芸術の秋vol.1


モロー アポロンとムーサたち


学芸をつかさどる女神たちムーサは
ゼウスが記憶の女神ムネモシュネとの間にもうけた娘たちです。
これはヘラとの結婚前のこととされています。

学芸・芸術といっても幅広い分野があるため、
彼女たちはそれぞれに役割分担をしています。


Eustache Le Sueur ムーサたち:クレイオ、エウテルペ、タレイア

こちらに描かれているのは
クレイオ(歴史)エウテルペ(音楽と抒情詩)タレイア(喜劇)です。
クレイオは「名声」を表すラッパと書物を持ち、
エウテルペはフルートを奏で、
タレイアは演劇に用いる仮面を手にしています。


Eustache Le Sueur ムーサたち:メルポメネ、エラト、ポリヒュムニア

こちらはメルポメネ(悲劇)エラト(抒情詩・恋愛詩)ポリヒュムニア(讃歌)です。
後ろで竪琴(リラ)を持つのがエラトです。
歌うのがメルポメネ、楽器(ヴィオラ・ダ・ガンバ?)を演奏するのがポリヒュムニアと思われます。


シモン・ヴーエ ウラニアとカリオペ

ウラニア(天文学)とカリオペ(叙事詩)です。
球体に腰掛け星の冠をつけたのがウラニア、
書物を手にするのがカリオペです。
カリオペは竪琴の名手オルフェウスの母となりました。


Eustache Le Sueur テルプシコレ

テルプシコレ(歌と踊り)です。
この作品ではトライアングルを手にしていますが、
竪琴を持った姿で表されることもあります。


クロード・ロラン ヘリコン山上のアポロンとムーサたち


ヘリコン山はパルナッソスとも呼ばれるアポロンとムーサの聖地です。
山の頂にはアポロンの聖木月桂樹が茂り、
山すそには清らかな小川が流れています。
水辺の白鳥は音楽(「白鳥の歌」)との関連によるものです。
スポンサーサイト