FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

音楽のある情景~中世風な奏楽 芸術の秋vol.5

ラファエル前派の画家たちは中世風の舞台設定での奏楽を数多く描いています。


ロセッティ 朝の音楽

楽人に音楽を奏でさせながら、侍女に髪の手入れをさせている貴婦人の姿です。
時代は下りますが、ロココ時代には貴婦人は化粧をしながら来客と対面していたそうです。


ロセッティ 青の閨房

背景の青いタイルの美しさが印象的です。
日本の琴を小型にしたような楽器が目を引きます。


ロセッティ 青い小部屋

両側に鍵盤のある不思議な楽器を使用しています。


アーサー・ヒューズ A Music Party

題名はPartyとなっていますが、
若夫婦と子供たちの親密な時間を描いた作品のようです。

ラファエル前派の画家たちの中でも
とりわけストラドウィックは奏楽の人物を好んで描いています。
どの作品からも荘厳な音色が響いてきそうです。
  
スポンサーサイト