FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逢いたくなっちゃだめ

 切ない恋
 激しい恋
 やさしい恋

猫が伝える
十七文字の恋ごころ。

本書帯より


逢いたくなっちゃだめ 写真/板東寛司 選と文/青嶋ひろの

まず表紙の愛らしい赤ちゃん猫(耳が立ってないのです)に釘付けになりました。

本文中にも思わず食べちゃいたくなるような赤ちゃん猫
つぶらな瞳で一点をじっと見つめる子猫、
まさに天使のような寝顔を見せる子猫、
美しい横顔を見せる猫、
子育てに懸命な母猫 などなど
見ているだけで幸せな気持ちになれる猫写真でいっぱいです。

この本に登場する猫はほとんどがどこにでもいるようなごく普通の猫たちです。
猫専門のカメラマン(キャトグラファー)板東寛司は
そんな猫たちのさりげないしぐさや表情を実に愛らしく撮影しています。

そんな愛らしい猫たちの写真と共に紹介されているのは
現代の俳人たちによる恋の俳句です。
俳句といえば「わび」「さび」の世界といったイメージが強いのですが、
この本で紹介されている俳句の多くは花鳥風月を歌ったものではなく、
切ない恋心や愛の喜びを歌ったものです。
中には濃厚な官能性を匂わせる句も紹介されており、
たった十七文字でこれだけ豊かな表現ができるのかと
目から鱗が落ちる思いです。

私は愛らしい猫写真に惹かれてこの本を購入したのですが、
現代俳句の奥深さを知ることができて
自分にとって新たな世界が開けたように感じました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。