FC2ブログ

Windflowers

美術・猫・本など興味ある事柄や日々の徒然を綴るブログです。

過去ログ

回顧2015年の展覧会

2015年は5月に東京、11月に京都へ展覧会を見に行きました。

和歌と絵画
 五島美術館 4月4日~5月10日
五島美術館の館蔵品より和歌に関する書画を展観。
私は書については全くの素人で、どのように鑑賞すればよいかわからないのですが、
字形の面白さ、料紙の美しさを見ていました。
同時に開催されていた源氏物語絵巻はぜひ一度見てみたいと思っていたもので、
繊細な描写に心惹かれました。
また復元模写の鮮やかな色彩に往年の絵巻はこのようなものであったのかということを実感できました。

燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密
 根津美術館 4月18日~5月17日
尾形光琳300年忌を記念して開催された展覧会。
国宝『燕子花図屏風』『紅白梅図屏風』が56年ぶりに同時展示されました。
高度にデザイン化された燕子花によって「伊勢物語」の一場面を表現した『燕子花図屏風』、
光琳デザインの到達点といえる『紅白梅図屏風』の二つを見比べることができるとてもよい機会が持てました。

ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美
 Bunkamura ザ・ミュージアム 3月21日~6月28日
ボッティチェリ作品17点(工房作など含む)を中心にフィレンツェのルネサンスについて展観。
フィレンツェのルネサンスは金融業によって生み出された富によって育まれた美であることがよく理解できる内容でした。

よみがえるバロックの画家 グエルチーノ展
 国立西洋美術館 3月3日~5月31日
イタリア・バロック美術を代表する画家グエルチーノの国内初の回顧展。
今まで名前しか聞いたことがなかったのですが、(作品を意識して見たことがなかった)
数々の大作に圧倒され、バロック芸術の真髄に少しは触れることができたように思えます。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
 三菱一号館美術館 2月7日~5月24日
ワシントン・ナショナル・ギャラリーの印象派コレクションよりテーマ別に展示。
これまでに見たことのある作品も含まれていましたが、
19世紀の建築を再現した空間で鑑賞する19世紀絵画というのは格別な味わいでした。

フェルメールとレンブラント 世界劇場の女性
 京都市美術館 10月24日~2016年1月5日
感想はこちら
「世界劇場の女性」という副題は京都展独自のものということを見に行ったあとで知りました。

琳派イメージ展 
 京都国立近代美術館 10月9日~11月23日
琳派400年を記念し、琳派の影響を受け近代~現代の作家たちが生み出した作品を紹介。
一見して琳派オマージュとわかるものから、これも琳派の影響を受けたものなのかという意外なものまであり、
琳派がそれ以降の日本美術に与えた影響の大きさがわかりました。

MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山
 細見美術館 9月19日~11月23日
琳派400年記念祭の一環として開催された展覧会。
尾形乾山の様々なやきものが陳列されていましたが、
特に興味深かったのが実際に乾山の器に料理を盛り付けた様子の写真です。
これらの器が観賞用ではなく、実用品として作られたということがよくわかるものでした。

琳派 京を彩る
 京都国立博物館 10月10日~11月23日
感想はこちら

私はもともと西洋美術史専攻で(特に好きなのが世紀末象徴主義やラファエル前派。初期ルネサンスも好き)
以前は見に行く展覧会といえばほとんどが西洋美術の展覧会でした。
今でももちろん西洋美術は好きですが、ここ数年日本美術への興味が強くなっています。
今年は琳派400年ということもあって、琳派関連の展覧会へ多く行きました。
これまであまり知らなかったことを一つ一つ知っていくのはとても楽しいことで、
展覧会を見る楽しみがまた一つ増えたような気がします。

琳派 京を彩る

琳派 京を彩る
10月10日~11月23日 京都国立博物館 平成知新館

1615年、本阿弥光悦が鷹峯の地を拝領し、光悦村を開いたことから
今年は琳派誕生400年とされています。

「琳派」を総合的に展観する展覧会が京都で開催されるのは今回が初めてで、
光悦・宗達・光琳・乾山・抱一と
世代を超えて受け継がれた美意識によって生み出された芸術品の数々が勢揃いしていました。

第1章 光悦 琳派誕生
書状、楽茶碗などで光悦の足跡をたどる構成となっていました。
光悦筆・立正安国論(妙蓮寺所蔵)や光悦作・花唐草螺鈿経箱(本法寺所蔵)など、
光悦と法華宗との深いつながりを示すものもありました。

第2章 光悦と宗達 書と料紙の交響
書家としての光悦は王朝風の華麗な下絵が描かれた料紙を用いた巻物や色紙を多く手がけました。
それらの料紙に下絵を描いたのが俵屋宗達です。
光悦筆・宗達画の和歌色紙や巻断簡を中心に展示されていました。
特に見ごたえがあったのは『鶴下絵三十六歌仙和歌巻』で、
金泥の地に描かれた銀色の鶴の群れは躍動感にあふれています。
鶴たちは存在感がありながらも決してしたためられた文字の妨げになっておらず、
章タイトルの通りの絶妙なハーモニーを醸し出しています。

第3章 宗達と俵屋工房
宗達は「俵屋」という屋号で工房を構えていたと考えられています。
始め俵屋では扇絵を手掛けていましたが、
次第に屏風絵、襖絵、杉戸絵などの大型の絵も描くようになっていきました。
『扇面散屏風』(伝宗達筆)
物語の一場面や、名勝を描いた扇絵を屏風に張り付けたもので、
それぞれの場面は独立したものですが、全体は見事に調和を保っています。
『芥子図屏風』
写実的に描かれた芥子の花がモダンな雰囲気で洋間にも似合いそうでした。
『菊簾図屏風』
簾が屏風にはめ込まれており、
残りの空間に巧みに菊の花が描かれています。
菊花は極めて厚塗りで仕上げられていて本物の花のようでした。
『色絵芥子文茶壺』(野々村仁清作)
茶壺といえば茶色のシンプルなものが多いのですが、
こちらは赤や紫・金色の芥子の花々が描かれた華やかなもので、
絵画をそのまま壺にしてしまったかのようでした。

第4章 かたちを受け継ぐ
琳派は直接の師弟関係を持たず、遺された作品を通じて世代を超えて継承されました。
それを端的に表すのが、宗達・光琳・抱一の『風神雷神図屏風』です。
光琳は宗達の風神雷神図を写し、抱一は光琳の風神雷神図を写しました。
また酒井抱一は光琳の『三十六歌仙図屏風』を模写しただけではなく、
四季の花々を描いた屏風に三十六歌仙の肖像と和歌の色紙を張り付けた
『三十六歌仙図色紙貼交屏風』も制作しています。

第5章 光琳 琳派爛漫
琳派誕生から約100年後の元禄時代に活躍したのが尾形光琳です。
光琳は宗達以来の装飾的なやまと絵の技法と
雪舟の水墨画や狩野派の豪壮な画風を融合した独自の様式を確立しました。
大胆な構図の『白楽天図屏風』
繊細な筆致と伸びやかな構図の『夏草図屏風』
対象を写実的に写し取った『鳥獣写生絵巻』からは光琳の観察眼を感じ取ることができます。
『竹虎図』は画面の半分を猫のような愛らしい虎が占めています。
虎の量感から衝立のような大きめの絵画を連想していたため、
この作品の実物を見たとき意外に小さいことに驚きました。

第6章 くらしを彩る
琳派の芸術家たちは金工・漆芸・陶芸など様々な暮らしを彩る工芸品を生み出しました。
作り出した工芸意匠はその後の芸術にも多大な影響を与えています。
『八橋蒔絵螺鈿硯箱』(尾形光琳作)
螺鈿で形作られた杜若の花、金蒔絵の杜若の葉、黒漆の八橋
具体的な情景描写は一切用いずに伊勢物語の東下りの段を表現しています。
『色絵氷裂文角皿』(尾形乾山作)
20世紀抽象画を思わせる図案が斬新です。
『色絵菊図向付』(尾形乾山)
白い小菊の形に作られた愛らしい器です。

第7章 光琳の後継者たち 琳派転生
光琳は直接後継者を育てることはありませんでしたが、
その画風を慕って多くの画家が活躍することとなりました。
中でも酒井抱一は光琳の画業を顕彰し、琳派の系譜を初めて明確に跡付けました。

琳派の様式は江戸時代を通じて代々受け継がれただけではなく、
近代以降も多くの芸術家が「琳派デザイン」の影響を受けています。
今も息づく琳派の系譜をじっくりと鑑賞できる内容で大変見ごたえのある展覧会でした。

フェルメールとレンブラント 世界劇場の女性

フェルメールとレンブラント -17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち 世界劇場の女性
2015年10月24日~2016年1月5日 京都市美術館

17世紀はオランダが最も栄えた時代であり、芸術の面でも様々な発展がありました。
宗教改革の影響もありそれまでの宗教画中心から風景画・肖像画・風俗画・静物画など
様々なジャンルの絵画が描かれるようになります。
今回の展覧会では、アムステルダム国立美術館所蔵の作品を中心に、
メトロポリタン美術館、ロッテルダム美術館などから約60点がジャンル別に展示されました。


Ⅰ ハールレム、ユトレヒト、アムステルダム―オランダ黄金時代の幕開け
17世紀初期のオランダ絵画はイタリアのバロック絵画の影響を受けて発展していきます。


Ⅱ オランダ黄金時代

 Ⅱ-1 風景画家たち
17世紀オランダで風景画は大きく発展を遂げました。
ライスダールをはじめオランダの自然を題材に描いた作品が紹介されています。

 Ⅱ-2 イタリア的風景画家たち
オランダと異なる晴れ渡った青い空や古代遺跡などが描かれたイタリアの風景は
エキゾチックな魅力あふれる物として当時のオランダでもてはやされました。
実際にイタリアで学びイタリアで描かれた作品だけではなく、
想像で描かれたイタリア的風景画も数多く存在します。
 
 Ⅱ-3 建築画家たち
建築画はオランダで独自に発達したジャンルで、主に教会建築の内部を描いたものです。
実際の教会をそのまま描いたものだけではなく、
複数の実在する教会のさまざまな建築要素を組み合わせて描き出した作品もあります。
また当時の教会内部の様子を知る貴重な資料ともなっています。

 Ⅱ-4 海洋画家たち
海洋貿易で栄えたオランダでは海景画も大きく発展しました。
巨大な軍船や交易船を描いたものから、小さな漁村の風景を描いたものまで
様々な海景画が描かれています。

 Ⅱ-5 静物画家たち
果物、海産物、銀器、ガラス器などオランダには世界中から様々なものがもたらされました。
それらは当時のオランダの豊かさを示していますが、
同時にこの世の儚さ、虚しさを表すものでもあります。

 Ⅱ-6 肖像画家たち
17世紀オランダの肖像画に描かれているのは豊かになった市民たちです。
単独の肖像画だけではなく、特定の団体の構成員を集団で描く集団肖像画も数多く描かれました。

 Ⅱ-7 風俗画家たち
17世紀オランダ絵画を代表するジャンルといえるのが風俗画です。
フェルメール、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンなど多くの画家がこのジャンルで活躍しています。


Ⅲ レンブラントとレンブラント派
レンブラントの工房からは多くの弟子が巣立っています。
光と影のコントラスト、ドラマチックな構図などレンブラントの技法は弟子たちに引き継がれました。


Ⅳ オランダ黄金時代の終焉
17世紀末、オランダは海上の覇権を徐々に失ってゆき、
それと同時にオランダ絵画の黄金時代も幕を閉じました。


今回の展覧会は「世界劇場の女性」と題されていますが、
タイトルほどには女性を描いた作品は多くはありませんでした。
しかし展示されている女性像は女神から庶民まで様々で、
17世紀オランダにおける女性の姿を垣間見させてくれます。


Johannes_Vermeer_-_Young_Woman_with_a_Water_Jug_-_WGA24662.jpg
フェルメール 水差しを持つ女 1662頃 

今回初来日の作品です。
左側に窓、壁に地図、手前にテーブル、そして佇む一人の女という
フェルメール作品の典型ともいえる構図で描かれています。
窓を開けて水差しを持ち上げるまでの一瞬をスナップショットのように切り取っていて、
描かれている女性がこれから動き出すように見えてきます。


Bellona,_by_Rembrandt_van_Rijn
レンブラント ベローナ 1633

こちらも今回初来日の作品です。
ベローナはローマ神話に登場する戦いの女神です。
神話の女神といえばたいてい若く美しく描かれるものですが、
レンブラントはベローナを貫禄あふれる中年女性の姿で描いています。
威厳ある堂々とした姿は凛とした美しさに満ちています。


curiosity-large.jpg
ヘラルト・テル・ボルフ 好奇心 1660-62頃

テル・ボルフは主に肖像画と風俗画を描いた画家です。
手紙を読む、書く女性の姿は当時の風俗画で人気の高い画題でした。
この場合の「手紙」は主に恋文です。
中央の女性の書く手紙を召使と思われる女性は興味深げに覗き込んでいます。
こちらもおそらく恋文と思われます。
女主人を見上げる犬の後ろ姿が愛らしく印象に残ります。


Samuel_van_Hoogstraten_-_The_Anaemic_Lady1.jpg
サミュエル・ファン・ホーホストラーテン 貧血症の女 1670頃

奥行きのある広い家や飾られた絵画の数々から、彼女は裕福な市民であると思われます。
女性の足元にいる猫が大変愛らしく、目が釘付けになってしまいました。

京都古寺巡り

11月5日・6日に京都へ行ってきました。

主な目的は展覧会だったのですが、寺院巡りもしました。
ちょうど非公開文化財の特別公開と重なっていたため、
それらを中心にこれまで行ったことのない所を中心に回りました。

信行寺
東山仁王門バス停のすぐそばにある寺ですが、
これまで全く一般公開されたことがなく、また今後一般公開されないかもしれないとのことで、
この機会に見てみたいと思いました。

寺自体は小ぢんまりとした雰囲気の良いお寺です。
伊藤若冲による天井絵「花卉図」は色あせ一部傷みはあるものの、
菊や牡丹、梅、桜といった伝統的な日本絵画で定番の花のほか、
向日葵やサボテン、ハイビスカスといった外来の花まで様々な花が美しく描かれていました。
裏側から見た牡丹や曲線を描く茎を持った杜若など、
「奇想の画家」らしい個性的な構図で描かれたものが印象的でした。


大統院
建仁寺の塔頭寺院の一つで数々の寺宝を所有していますが、
特に有名なのが円山応挙の「幽霊図」です。
応挙といえば足のない幽霊を最初に描いたことで知られていますが、
こちらの幽霊図も足がないことを不自然に感じさせず、すううっと佇む姿で描かれています。
たおやかな美女のイメージが強い応挙の幽霊には珍しく、容貌魁偉で力強ささえ感じさせる幽霊です。


妙法院
東山七条にほど近い妙法院は青蓮院・三千院と並ぶ天台宗三門跡に数えられます。
国宝に指定されている庫裏から入場するのですが、
最初に目に入る大人数分の調理をできる大きな土間と吹き抜けになった高い天井が豪快で圧倒的です。
大書院・宝物蔵と巡り、最後に庭へ出て本堂(普賢堂)を参拝します。
こちらは門跡寺院ということで寺の中心に宸殿が置かれ、本堂は庭の隅の方に位置しているのが特徴です。
普賢菩薩を本尊とする寺院は京都でも数少ないとのことです。
平安時代末期に作られた普賢菩薩像は繊細優美で、
大寺院の本尊といって連想する厳めしさは感じませんでした。


智積院
真言宗智山派総本山智積院は七条通の突き当りに位置し、
これまで何度も前を通ったのですが、一度も足を踏み入れたことがありませんでした。

こちらの見どころといえば長谷川等伯による障壁画を収めた収蔵庫と利休好みの大書院庭園です。
等伯の「楓図」や等伯の息子久蔵の「桜図」など、
これまで何度も写真では見たことのある障壁画の実物をじっくりと見ることができました。
一般的には豪壮華麗と称される智積院の障壁画ですが、
私は楓に繊細さを桜に可憐さの方を強く感じました。
庭園では縁側に腰掛けて池に足を投げ出しのんびりくつろいでしまいました。


妙蓮寺
堀川寺之内にある本門法華宗大本山です。

表書院および奥書院の廊下から見える十六羅漢の石庭は
伏見城から移した臥牛石を中心に16個の石が配されたもので、
臥牛石を涅槃仏に見立て、15個の石を羅漢に見立てています。
そして16人目の羅漢は庭を見る自分自身とされています。
私には臥牛石は牛にも仏にも見えず鯨に見えてしまいました。

奥書院には通常は幸野豊一による「四季の襖絵」が配置されていますが、
今回の特別公開では長谷川等伯一派による襖絵がかけられていました。
「松桜の図」は金地に松と桜という桃山絵画らしい華やかなもので、
様式化された松とふんわりとした質感の八重桜が見事です。
「鉾杉の図」は伝統的な日本絵画では珍しく杉を中心に描いたもので、
幾何学的な杉と清楚な山桜の組み合わせがモダンささえ感じさせます。


光照院
堀川寺之内から狭い通りを入ったところにある尼門跡寺院です。

数々の花々が描かれた折り上げ格天井のある本堂は
小さいながらも代々皇女が入寺した門跡寺院にふさわしい気品と風格を感じます。
そして書院前の庭園に植えられた五葉松はまるで龍のようで大変見事なものです。


妙顕寺
堀川寺之内の寺院の中でも一際大きな寺です。
鎌倉時代後期に創建された洛中で最初の日蓮宗寺院で日蓮宗大本山となっています。

勅使門に面した客殿「四海唱道の庭」も大変見事なものでしたが、
もっとも印象に残ったのが本堂内陣です。
煌びやかに荘厳された仏像や祖師像の数々はいわゆる日本的な「侘び寂び」からほど遠く
異国的なものすら感じさせるもので強烈なインパクトがありました。

宝鏡寺
歴代皇女が尼門跡として入寺していた寺院で、
皇女たちが持参した人形が保存されているため「人形寺」として知られています。

こちらの特別公開は人形の公開が中心で、
御所人形や雛人形などどれも大切にされてきたことが伝わってきます。
昔祖母が持っていたような人形も展示されていて懐かしい思いになりました。

宝鏡寺を訪れたのは2回目ですが、書院や本堂は尼門跡にふさわしく典雅で、
京都でも好きな寺院の一つです。

迎春2015


謹んで新春のお慶びを申し上げます。
2015年が皆様にとって素晴らしい一年となりますことを
お祈り申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

2015年1月1日 千露
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。